信用という言葉の深み その2

相手・物事に対して自分の気持ちを自分の方法で伝え、

それで満足している場合、まだまだです。

信用はその先。

どんなに自分の気持ちや心が本当だと告げたところで、

人を良く見る相手の場合、

そんな簡単な素敵な言葉では信用しません。

あなたのこと、

「自分に向かってるところだけ」を

見ていないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

信用は、対、自分に対してあるのではなく

その人自体が

社会に。

また自分以外の人に対して

「どのようであるか」ということで

本当に信用を深めるから。

実際にどのように生きているかが答えであって

自分に対してどのようであるかは、

実はほんの数パーセントのその人でしかない。

 

「最初こうだったのに」

とか

「はじめは優しかったのに」

とか

「こんな人だと思わなかった」

なんてよく聞くけど、

半分は自分に責任がある。

自分が見抜けなかったせいなのだから

その人のせいではないですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たった少しの期間でわかるはずがないことを

わかったきになったり

わからせた気になっている時期は

おめでたいだけ。

おめでたい時期が過ぎたら

からっぽになる。

 

からっぽにならなくするには

その時期(おめでたい時期)

に楽しい・嬉しい・だけじゃなくて

 

たくさんの体験を一緒にして

悲しんだり悔しかったり意見が食い違ったり悩んだり

むしろそっちをさんざんすべきだと感じています。

最初のうちに幻想をぶち壊してしまえばいいのではないかと

私は最近思うのです。

ぶち壊れたとしても、

 

それでだめになるならそれまで。と割り切る。

その先に信用がある。

おめでたい時期が好きで

繰り返す場合がある。

そこから抜け出せない場合がある。

そうするとずうっと気が付けない・・・・

 

不思議なもので

本当に本当に縁がある人は

そんなことくらいで

どこかにはいかないのです。

 

私自身、傷ついて悲しくて

もう離れたい。もうやめたいと思ったって

それ以上に信用がある人からは決して心が離れないです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

何年かたってわかること。

が特に大事だと思っています。

 

そのころ、相手もおそらく

それは本当に信用を感じ始めている場合

同じようにどこかしらで思って

感謝をしたり

以前のことを反省したり

自分を直していこうっと・・・・・

 

きっと同じように感じているんだとわかるんです。

 

どんなに時間がかかってもそれは

とてもとても素敵なことだなぁと感じます。

 

そういう積み重ねを経て得た信用。

 

そんなものを築きたい今日この頃。

 

それが強さになってきた感じがします。

 

★写真は私が大好きなポルトガルギタリストのセルジオコシュタ氏

あえてこの記事に選びたい人・・・・

2008年なにもファドをわからない私にいろいろなことを

この人は本当に丁寧に教えてくれた

信頼すべき素晴らしいギターリストです。

ファドの場所での

礼儀・曲の告げ方・いいところ悪いところ・愛あるダメだし

彼は日本人という私の立場をそのまま受け止めて

助言を率直にくれた人。

去年、7年ぶりに再会し、

一番大好きな私のファド

「LOUCURA」を弾いてくれた。

7年の歳月は、その一曲で一気に縮まった。

 

もっともっと上手になって

この人にはもっと弾いてもらいたい。。。と

こころから思っています。

 

言葉の壁はまだまだあるので、

そこは難しいけど。

私には歌というものがあるので、

気持ちは歌で伝えたいと思っています。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

12654327_1264573616893445_2346965214744653604_n
ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。