許す信頼、許さない不信。

許せる余裕あるのが大人

 

この歳になってわかったことですが
「人のことを色々と許せる人」って
本当に色々人生、お得。許せるってことは強いし、
自分で決めることのできる人。

逆に人を色々と許せない人は、
心の小さい、自信がない人。

 

以前、
もうだいぶ以前ですが

わたしのやることなすこと全て
「ケチをつけてくるような人」がいたのです。
支配してくるタイプです。
応援してるような素振りで、そうなんです。

裏を返せば、
「自分の思い通りにならないからイライラ」して
「わたしの悪い点ばかりをあげ」て、
「そこを突く」ことで、
「自分はこんなに相手を見ているんだし、うまくいくように
助言している。その通りにやればうまくいくからちゃんとやれ。」

という
まさに上から目線、支配欲の塊だったわけです。

当時、そのような男性が
「同時に二人」もいた私は、
動物的防衛本能から

ますます、対抗意識を燃やして

「わたしは、そんな簡単に言われたからって変わらない!」
的な戦闘態勢を組んで戦い抜きましたが、

おそらく

気持ちの弱い女性の場合、
あれだけ強く来られたらきっと
いうなりになってしまって

「ほら、いうことを聞いていたらうまくいくだろう」

と彼らをホクホク顔にさせるだけさせて、
本人はやつれて精神的にも弾圧されたことでしょう。


このタイプの人間に目をつけられたら
気が強くない自信がない人はもう、
サバンナの草食動物ばりに
いいようにされます。(私は草食ではありませんけどね)

恐ろしいことに
こちら、、、なんと女性バージョンも今まで何回かありました。

彼女たちを観察して見る限り、

そこには皆さん共通項がありました。

男性に同じような支配的行為をされた経験が多数。

お金の自由はわりとあるが
人から裏切られたりして自己肯定ができない。

愛された経験が、非常に薄い。

自分からやってあげたことに必ず見返りを求める。

やたらとおせっかいで、
そこまで、首突っ込まなくてもいいのに、、、
という行動をやたらする。

あなたのために。という絶対に
こちらのことを本当に思っている人は言わないセリフを堂々と言う。

あなたの周りにもいませんか?

 

今の私は
むしろ逆な方、
「許せるタイプ」と一緒にいることで
非常に自分自身も
人を許せるようになっています。

一体何が起きてるかというとですね!

むしろ自由に許してもらえるからこそ。

そんな優しい
相手に合わせてあげたいなとか
優しくしてあげたいとか
何か手伝えることを聞いてみようとか
いつも笑顔で対応したいなとか
周りにいつも楽しいことがあるようにしようとか

そんな風に、考え方に
余裕が出てきていいことばかり起きてます❤️

「大人になるって人を許せる度合いが広がって自分が自由になっていくことだよ」

と教えてくれた人は、
絶対に
怒ったりしない代わりに

間違った時は、
丁寧に、
「そうじゃないこうしたらよい。」と真顔で

怒らず「きちんと教えて」くれます。(感謝)

怒るとか機嫌が悪いとか
そういう態度を出して人を気にさせてコントロールするのも
最初に書いた支配タイプの方々ですが、、、、

許せるタイプの方が機嫌が悪い時には

「機嫌が悪いなら、こういうことをして自分で機嫌をよくできるよ。」と
わたしが一例を教えたら、
「言われた通りにやって見る素直さ」があります。

やっぱりね、
許せる受け入れられるタイプの人間性が大きい人の方が

一緒にいて心から感動する
小さくても
いいことが起きることが頻繁です。

まず、大きな問題も起きないし
起きても、
するんっと短く早急に解決します。

支配タイプの場合

ああでもこうでもないと
本人が納得できるまで

「しつこい人が多い」です。

そして周りも、そういうおかしな「自分だけのこだわりを押し付けてくる性質」ある人ばっかり。。。。なぜか集まるのです。

だからぶつかったり信頼関係が構築出来ず、関係が上っ面です。

人の振り見て我が振り直せ。

わたしも最近はするんっと物事がうまく治る人と
一緒にいようと心がけています👍👍👍

許せたら早いですよ。
許せるってことは、信頼していますし。

そんなわけで、
機嫌が悪いことを武器に人をマイナスにしてしまう人や
なんでも返事が長かったり、やたらにうだうだしてる人。
相手が自分の思い通りならないから関係を切るような人。
(黙って切ればいいのに、宣言したりわざわざ相手に言う。なぜなら自分に非がないと言いたいから)

絶対にそんな人といても幸せになれないから、

わたしはもう逃げまくります笑

一番大事なことって
そこにいる相手を

自然な自分が笑顔にして、
気分良くさせることだと思うので、、、、
良く見せるにもほどがある人は
一人になった時疲れたり、良く見りゃ良い面しか
相手に見せられないから
落ち込んでいる。

そんなんじゃ、
自分を偽っているだけ、一体どこが幸せなの????

もしも許せるタイプが「許せない人に当たった場合」は、
相手に何も知られず、黙って去りますよ。

だって「自分がその人許せない」んだもん。
よっぽどです。
ちゃんと「自分で処置し」あいてには、いわない。
当然ですよ。

相手が悪いというか
自分に合わないから自分が去るだけ。


そう、
だから特に特別なサプライズなんてなくてもいいんです。
ずうっと同じテンションで、
怒らず、あわてず、安心をくれて

しっかりと応援してくれる大事な人を
わたしもたいせつにしたいですね。

気分を常に良くさせてくれるもの。
あなたは何ですか?

わたしは歌うことと、踊ることです。

でもそれだって、

許せる余裕のある大人がそばにいてくれてこそ。
気分のいいことが、しやすくなりませんか?

先に相手に愛情や答えを求めてたり、
相手に先に行動を求めたり、
相手のいうなりになって動いて安心している人もいるけど。

まず自分が、

人を許したり、愛情表現して、
大人になって
そこから
知れることの方が大きいです。

わたしも失敗して積み重ねてまだまだだけど
反面教師からはいっぱい学んだし。
今は反面教師なんていらない

とっても見本になる人が増えたからそれだけで幸せ。

人に振り回されるべからず。

自分が中心でいて
良い輪を形成し、そこに集まるのは
似たような、笑顔と周りに優しく許せる
仲間になっていければ、それが幸せ。

ゆっくりでもこんな感じで
進めたいと願う夜。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA