そんなに責任取りたくないですか?

あなたが責任取りたくないわけ

どんな環境に身を置くかで人間はすごく変わってしまうんです。
「責められるという経験を積む」と人って本当に変わるよね。

責められて自分に自信がなくなってくると、次する行動は、
「自分が責任を絶対に負いたくない行動」を別の場所でし始める。

小さいことも「自分は絶対悪くない」みたいに身構えて
身近な人のせいにして、攻撃性を高めて周りに振っていくんですよ。

そうやって人間が、小さく小さくなっていく。

何かそういうのをみていると
一定の形が、あるように思えます。

常に、責任をだれかのせいにしている環境に長くいると、
いつ自分がその対象になるやら、ビクビク。ハラハラ。


まるで、刑を執行されるのを待ってるみたい。
この世に生きてないみたい。

そんな環境でいいわけがない。

だってさ、一番いいのは、

「(責任は自分がとるから)さあ、何々をしようよ」って言えることなのにね。


自分から

「責任は自分が取るから!」「安心して」
って言えることはなによりも一番スッキリだよ。

自分から声かけたんだったら
それくらいは、軽く覚悟しよう!笑

それが潔いってことだと思うんだけどね。

できないで同じ環境に居続けて
表でいい顔、裏では違う顔をしている、

あなたは誰?
あなたは、それ、あなたなの?

そこは、一体

「何のためのコミュニティ」なの?

そう問いたくなるけれど
わたしは、そういうところに近寄らないようにしています。

それが、楽しく生きる知恵なので。

私は、
自分から責任は取れる立場で、居たいと思います。

人を誘ったなら自分がきちんとけじめつけます。

ただずうっとダンスも音楽もリーダーばっかりやりすぎてしまったから
時々、色々から頼られすぎてる気も、最近はします。

そんな時は
全く違うコミュニティに自ら行き、

「色々なことを活性化」します。

違うタイプのリーダーさんを見たり

そして垣根がない

「うっわーーー心がブラジルみたいに
大きいなあーーーーー」って感じる人に会ったりすると

自分がどんどん小さく見えて、

「こんちくしょーーーー負けないーーーっ」

って笑顔で拳突き上げて言いたくなるからね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA