人は忘れることができる生き物 変わり続けられる生き物

 

これだけまあいろいろと好きなことをやって生きているという感じのわたくしでありますが、

最近、さらに自分にとって「やりたいのはこれだ」と思えることがあるんです。

 

今までも、ずうっとやってきたことですけどね。

それはたったひとつ

「会った人を元気にしたい」

これだけです。

 

もうこれだけができてたら毎日花丸をわたしに贈呈したい私です。

 

今までもずっとやってきたけど、

その力が確実に落ちていた時期はあります。

 

それは今から10年前のファドに出会った頃の私でした。

 

あそこから数年間は本当にわたしは人を元気にさせていたのだろうか?

と首をかしげてしまうくらいでした。おそらくさせていないと今では思うのです。

色々な活動は休まずやっていましたよ。

でも!です。

 

それは、、、、心が泣いていたからでしょうね。

もちろん、だからこそファドを歌い始めたのですけど。

 

まあ信じられないことにですね。

そのあたりの数年間は本当に人を元気にしていた記憶がぽっかりないのです。

 

でもどんな悩みも

10年たってみたら、忘れていたりするから人間ってすごいですね。

(もちろん忘れられないこともあるのだけど)

 

人は忘れることができる生き物だったんだなと

改めて思うことができました。

 

 

そしてさらに20年前にさかのぼってみました。

 

そのころの私は大事な人を傷つけて、その人を悲しませ

その人と最後はお別れをしました。

全面的にわたしが悪いことを、していました。

今の自分では信じられないことです。

今はそれができるのかといったら

絶対にしたくないし、できません。

 

その理由もわかっています。

 

実を言えば、

10年前の悲しみよりも

20年前の悲しみのほうが今となっては深い気がします。

 

自分が人を傷つけてしまったからなのかなとも思うのですが

どうも、そうではないようです。

 

答えは

結局は心が通い合って行かなかったということが虚しかったのだと思います。

 

通い合っていた。とその頃のひどい私は勝手に勘違いをしていた、、、

そんな自分の愚かさが一番今は悲しいのでした。

 

過ぎたことを思い浮かべるなんて暇ね!なあんて言葉があるけど

私はファド歌手です。

もう帰ってこない日々を思い浮かべて何が悪いのか~~~~~と思っては

今は存分に思い浮かべています。(暇なんじゃありません。

 

この20年間でその悲しみやできなかったことへのくやしさを思い出さない日もたくさんありました。

 

それだけ人間は薄情なのかもしれないし

忙しいのかもしれません。

 

それでも、時々思い返してみることは

ファド歌手の私には大切なことです。

 

しかし今は、過去に自分に起きたことは、もう繰り返すことがないのだと

なぜか確信があります。

 

確信は、失敗したことで、痛みを持って学んだという自分の体験による自信がついたからだと思います。

 

いっぱい失敗していっぱい間違ったけど

それはすべて、

これからは決して間違えないという自信になぜかストレートにつながったからです。

 

「雅子の性格は、これからも絶対に変わらないぞ」

と言われましたし、

今では「おもいだしたくもない言葉」があります。

自分にとって理想だった最高の人間は最低な人間だったとも言われました。

たしかに性格の底辺は変わらないのだなあとここ数年も感じています。

 

それでも

 

変えたい。

と強く思えるようになったのもこの数年なのです。

 

おんなじわたしなんですよね。

本当に、20年間で全く変わったと思います。

 

なぜそこまで自分が変われたと思うのか、、、、、、

 

それはやっぱり出会った人や環境を変えたからとしか言えません。

 

自分が変わるためには人と環境。という言葉をずうっと前から聞いていましたが

本当でした。

 

もう一つは学ぶ内容を変えたことでしょうね。

 

嫌だった過去を忘れてしまうくらい、

新しい学びが刺激的でためになったのです。

 

人は忘れることができる生き物。

そしてそうなるためには

新しい刺激ある学びを取り入れ続けること。

 

間違いなく、学びかたを変えたこと。だと言い切れます。

 

その学びには「いい師匠やいい先駆者」が必要です。

 

同等くらいじゃまったくだめなんです。

ライバルくらいじゃ変われません。

 

圧倒的にすごいなあっていう人。

 

そういう人を参考にしていくだけで、まさに様々なことに本当に変われました。

わたしはそれほどまでに馬鹿で幼かったのでした。

この、学びの方法を伝えてくれた方には、心から感謝しています。

 

人はいつでも変われる。

 

それが今なら「一番自分が若いとき」です。

今、そのものの瞬間なのだ。

 

私はこれからも

 

ますます永遠的に、変わり続けたいと思っています。

 

そして変われたことをきちんと、生かしてつたえられ、

それによって幸せを自分自身で構築する。

 

そんな風に生きることで

みなさんを元気にしつづけられる人でずっといたいとおもいます。

 

今でも20年前に戻り、ごめんなさいというときはあります。

10年前の自分の決断を、なぜそうしてしまったのか悔やむことがあります。

 

でもその日に戻ってやり直したい。とは思いません。

ここまで思えるように強くなれたのは学びのおかげであり

今の自分の側にいてくれる方々があってのことなので

 

今の自分の周りを愛することに努めたいからです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。