「一緒に頑張ろう」と「お互いに頑張ろう」は大きく違う

励ますための言葉があるが、私が最近言われて心から

踊るくらいうれしかった言葉があります。

 

それが

「一緒に頑張ろうね」

でした。

 

これね、何となく聞いてたらよくある言葉かもしれません。

でも状況によって(今回の私のようなです)は、救いの言葉でしかなかったからです。

 

励ますって言っても一方的に

「頑張ってね応援してる」

「うまくいくように祈ってる」

もあるだろうし、

どこかで張り合ってる場合は

「お互いに頑張ろう」

だろうし

 

そう、お互いに頑張ろうていうのは、

「違う目的に向かってお互いひとりひとりで立って

進めていくことをお互いに頑張る」わけです。

 

もちろん、これも素晴らしい言葉です。

 

でも、「一緒に頑張ろう」っていうのは

たとえ同じ物事を進めていくわけではなくたって

違う目的だったとしても

それなのに。

 

一緒に頑張るんです。

そこには信頼があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

同じ言葉でも使い方状況によって

これだけ変わるんだあと感じました。

 

感じるというのがどういうことかというと

言われてうれしく感じて。

ありがとうって思える率の高さかもしれません。

 

さらっと流れてしまう言葉とはあまりにも違いました。

 

私もどこかで

一緒に頑張ろうって大切な方に言えるように

自分をしっかりとしていたいと思います。

 

そう、これは

すでに、頑張っているひとだから(人同士だから)こそ言える言葉でもあるんです。

なにも人が驚くくらい頑張ってなくたっていいんですよ。

 

今を頑張ってる人に、今頑張ってるあなただからこそ、響く言葉です。

 

みなさんも、ここぞというときに使ってみてくださいね。

本当に喜んでいただけると思います♪

 

♡マチャコはMACHAKO思考のカテゴリーで

さまざまな恋愛・人間関係・コミュニケーションをブログに書いています!

カテゴリー「MACHAKO思考」をどうぞ♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。