新玉ねぎがおいしすぎる!炊き込みピラフのご紹介です。

最近お料理を全然ブログに上げてなかったぁ!!!

・・・・ということで、この前作っておいしすぎて即完食した

メニュー

新玉ねぎの炊き込みピラフheart

を皆さまにご紹介しますね。

 

こちら5名様分くらいは3合の炊飯器でつくれますよ~~~~~

新玉ねぎおいしい季節です。ぜひぜひ、作ってみてね。

 

<用意するもの>

お米2合 洗って水切りしておきます。


新玉ねぎのあまり大きくないサイズ1個(まるごと皮をむいて上下をカット)

ベーコンを4枚(2センチ幅にカット)

にんにく一かけら(包丁でつぶしておきます)

塩コショウ (適量)

バター20g

え~これだけでできちゃうの!?

<作業手順です>

1)新玉ねぎの皮をむいて上下をカットする。

にんにくをつぶす

ベーコンを刻む

 

2)お米は2合を研いで水を切っておく

 

3)炊飯器に米をいれて2合の線の2ミリ手前まで水を入れて

塩コショウをし、かき混ぜる

 

4)その上に、にんにく、ベーコン、新玉ねぎを置く バターを入れる

このまま炊飯する。

 

出来上がりの図はこちら

 

なあんか

 

なぜかわからないが、わらいを誘う姿

これをほぐしてかき回す

このとき、新玉ねぎをよくよく混ぜ込む。

お茶碗によそってみる

以上です。

簡単ですよ!

材料をいれたらそのままスイッチオン。

 

とてもやさしくてまろやかでおいしいので是非試していただきたいのですが、

一つコツ。

 

新玉ねぎはあんまり大きくないものにしましょう。

 

そうじゃないと味のバランスがね~。。。。。

 

あとは食べてみて故障や塩で調節を。

二回作りましたが二回とも、味付けはまろやかでした。

 

まだまだ寒い日が続いてます。

あったまる炊き込みピラフはいかがでしょう?

 

お子様からお年寄りまできっと人気が高い

炊き込みご飯だと思います。

 

なんといってもやさしい味にリピート確実です。

 

お料理動画「マチャコのパワフルおうちごはん」はこちらから

オハコsong マチャコ youtube

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。