ファドの沸点 その1)

ファドに出会って沸点に出会ったのは、間違いなく2009年です。

二度目のリスボンですね。

 

この沸点に出会ったことで、私の

日本での私のファドの考え方がまったく変わりました。

 

常識を超えた発声力。

圧倒的な存在感。

他を寄せ付けない個性。

 

 

そんなファド歌手にいろいろと出会ったからです。

特に現在のファドの女帝、レニータジェンティルとの出会いは

私の根底をそのままそっくりと覆したといっていいでしょう。

 

ファドってきれいごとでは済まされないんだなと。

 

身を持って知れた二度目のリスボンで

 

私は決意をします。

 

あと3年は日本で修行して、ライブで曲を

最低でも25曲は歌えるようになろうって。

 

私、本当に頑張りました。

 

ある時は、一か月のうちに15日間ライブしたこともあったくらいですよ(笑

 

今考えても恐ろしいのですが、

2009年から2012年までの間、

 

私は狂ったようにライブをしまくりました。

 

なんだか、ファドの鬼が住み着いたかのようでした。

 

そして2012年

三度目のリスボンに降り立ち、

 

初日、歌いに行きまして

 

さらに叩きのめされたのです。

 

あんなにやってきたのに、さらに私の声よりも

ずうっとギター4本のほうが大きいじゃないか・・・と

 

初日から己の声の小ささに愕然とした私は

 

これではいけない。

新たな行動に出ます。

 

そう、

 

あのレニータジェンティルに

会いにいくのです。

 

そして、彼女から

「このお店 faiaで歌えるファド歌手になることを目標にしなさい」と

その日、叱咤激励を受けます。

 

私はそれから

 

本当に自分を変えていったんだと思います。

 

なんでもそうですが、

その道のトップの人のいうことを信じてひたすらにやることです。

 

信じたら必ず道が開けるのです。

 

2012年のリスボン最終日

 

私はあこがれているレニータの目の前で

レニータの持ち歌である

 

闘牛場の悲しき午後(Tarde Triste No Campo Pequeno)を

o faia で歌うという大舞台を踏むことになったのです。

 

2009年までの

声を痛めていたよわっちい私は、そこにはもういませんでした。

 

レニータが歌えと言ってくれたんだという自信が

 

私を支えていたからです。

 

私はファドの沸点を目指す旅に新たに

出たのです。

 

しかしこのファドの沸点こそが、

 

日本で普通に平和に生活していたんじゃ

決して届かない魔物だと知ります。

 

魔物なんです。

 

普通じゃダメです。

 

どうやって超えていけばいいのか・・・・・・・

 

2012、2013、と考え続けた私に

 

一つの光が見えることがありました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。