いくつかのものを掛け合わせる世界

私は、ファドを始め、いろいろな音楽を勉強しています。

今は、河内音頭とフラメンコを師匠について学んでいます。

 

なので、河内音頭を歌うこともあるし、フラメンコを踊ることもあるし歌うこともあるし、

昭和歌謡のライブをすることもあります。

ほかにもサルサダンスを教えているし、振り付けを作っているし、

色々です。

 

そういう自分が個性だし、変えようもないし、今はバランスもとても良くて気に入っています♡

 

これらのバランスがなぜいいかといいますと、

ダンス指導をやっていますから週に3回くらいは、自分の体に真剣に数時間向き合います。

歌を教えているから、自分が歌う曲ではないものを研究して、新しいことを学べます。

河内音頭は、歌いまわしがとても難しいので、ほかの歌唱にもとんでもなく役に立ちます。

フラメンコはとても難しい音楽なので、正直これを学べばほぼほぼリズムを克服できると思えています。

昭和歌謡をやると、懐かしんで一緒に歌える場ができて、みなさんとても喜んでくれます。

 

書くときりがないけど。

これらの活動はほんとうにすべて

 

血となり肉となっている

ことを日々感じて生きています。

若いころからマルチタスクなので、実は大変じゃないんですよ。

鍛えていただいたおかげですね。(遠い目)

物事を切り替える能力だけは本当に高い私です。

 

そんなわたしですが、

さらにやるきになる場面にぶつかります♡

 

それは

 

これらの活動をいろいろやってることを知ったときの相手が

 

嫌な顔をしたときです!

わたし、絶対にそれ見逃さないですよ。

 

あ、今あなた嫌な顔したね。

かわいくない顔だね。

あなたそれ本性だね。

 

ってにこやかにしてるけど気づいてます。

 

私は知っています。私のようないろいろなことにチャレンジして

幅広いことを楽しんでやることで活動するのが

嫌な人っているんです。

知ってます。

 

でも私は、ひとつのことに集中し。ずっとそれだけができる人のことは

心から尊敬しています。

そして私なんか足元にも及ばないほど、マルチタスクな人も知ってますので、

そういう方を

 

尊敬を超えた神様だと思ってます。

 

もちろんどちらも

結果を出しているかどうかだけです!!!

 

なので。

 

嫌な顔をされた場合は、(大体が、一つのことをやっている方に多いので)

 

「じゃあ、わたし、土俵はちがうかもしれないけど、情熱および、活動量ではあなたをきっと抜いて見せます!」

と心のやる気に火をつけるようにしています。

 

正直どうでもいいことなんですけど、

 

売られた喧嘩は買います笑

 

見てなさいよ。と。

 

おとなの対応ではないかもしれません。

いい加減にしなよといわれることも。

 

でも私の気質がそうなので、変われないし、誰かに迷惑をかけるわけでもありません。

火をつけられることは嫌いではありません。

 

ということです。

 

どんな場合でも結局は自分がやる気になればいいんです。

 

私はそれで、あることをいくつか達成しました。

 

本当にできたので、今後はさらに活動量と情熱を燃やしたいと思います。

 

そして大事なことを言いますが、

 

やっぱり独自性、個性、キャラクター、唯一のもの、

それは

いくつかのものを掛け合わせて新しく作る世界にしかありません。

 

わたしはその世界に行きたいし、

その世界で生きていたいので、

この考え方に合う人こそが私の最高の理解者だと思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。