他人と比べるなというけどさ。

言ってる人で比べてない人もそうそういなかったりするわけ。

 

これは、わりと永遠のテーマなのですが

私の答えとしては

 

嫉妬ではなく純粋に憧れられる対象とは、

自分くらべましょうよ。

 

ですかね。

だって嫉妬することもできないほど、手が届かない人だったら

「さすがに今の自分と段違いすぎる」とあきらめから入れるでしょ。

 

そして

それでも

 

真似できることは、どんどんやったらいいのですよ。

 

その人は、あなたのその行動さえ気が付かないところにいるから。

ご自由にって笑顔で答えてくれてるよ。

 

中途半端に嫉妬したり、

あいつだけいい思いして

そんな自分と大してかわらないくせに!

 

なあんておもって 比べて意識するくらいもったいないことはないし。

手が届く範囲でしかないことなんですよ。

 

もっともっと空高いところにいる

対象を意識して、比べて、自分が今どんな状況だとしても

 

そのあこがれる人を目標にしている自分を

なんてチャレンジャーなんだ自分!!と認めて

 

今からでいいから近づけることを一個一個やったほうが

ずうっと世のため人のため、、、いや。

 

自分の心の健康にいいってことですよ。

 

そのチャレンジを放棄して、近場のくだらない嫉妬に

身を焦がしたり、悪口言ったりね。

 

自分の大事な大事な肯定感をどんどん下げていってる。

 

もっと素晴らしい人と比べて、今の自分をちっぽけと理解し。

 

それでもそこに向かっていく人を

ひとは応援するんだと思う。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA