リスボンから電車に乗って!ゴレガーンの馬祭りに行ってきました!

11月12日(土曜日)

このお祭りに一人で行ってきました!

「ゴレガーンの馬祭り」

Home

 

15078853_1512140885470049_6620521085666411960_n

行き方は、リスボンの地下鉄オリエンテ駅か、サンタアポローニャ駅で

国鉄に乗り換えて

Tomar 駅行きに乗り、約1時間半くらいでつける

Riachos という駅でまずは、おります。

 

そこからタクシーで15分くらい

-Torres Novas-Golegãまで (Comboio Regional)

たくさんの種類のお馬さんや

可愛くてかっこよくて素敵な騎手の方々

町は馬。馬。馬一色でした。

15085712_1512141452136659_5296308668784060031_n

街の中をゆっくりと闊歩しいていきます。

15078758_1512141265470011_2849884399810858576_n

両手放し!!

14980815_1512141682136636_8167648743694304449_nみなさん素敵でしょ。

 

15036460_1512141158803355_6397400036286882994_n

中心の競技場では、いろいろな馬の競技が見れます。

15027648_1512141082136696_518574704233823183_n

おじさんたちの熱い視線!!

15079092_1512144648803006_6872149807341850972_n街中は、豚の丸焼きをやっていたり。

15056219_1512144812136323_8745482467132926074_n

これが丸焼きを挟んだビファーナという食べ物。

ポルトガルのハンバーガー的なもので、ここのは大変に美味しかったですよ!!!

14992070_1512144772136327_3689470318830740987_n

馬に関するグッズもたくさん売っています。

もれなく乗馬女子ルックになれる服なども売っていましたが

「かっこいい~~~~」と目をキラキラさせてそのあと

泣く泣く前を素通りしました(似合わない・・・・・・・・・・)

 

15085736_1512144878802983_2190058323217027810_n14992017_1512140955470042_5480812963679603225_n

子どもたちもポニー的なものに乗れて大はしゃぎ。

 

15085578_1512141322136672_3945385137566942717_n

少年も絵になりますね。

下の写真もかわいい。

 

14991844_1512141385469999_484512292100203984_n

14963274_1512144718802999_6317140830840328429_n3時間ほど滞在して

馬をたくさん見て。とっても楽しい半日旅行でした。

ちなみに日本人とはすれ違っていません!

このお祭りは有名だけど、日本人はさすがに行かないのでしょうね。

駅からお祭りまで、私は一緒の電車にいたおじさんに偶然に声をかけたので

一緒にタクシーで行けましたが、

なかなか一緒に行けないとなるとタクシー代もかかりますよ。

(往復で15ユーロ以上くらい)

ただ、

とってもおすすめしたいお祭りですね。

ゴレガーンについて、まず思ったのが馬のいる風景が本当に絵になっているということ。

普段から馬の売買をしている街だからですね。

 

街中はセピア色になっている(土ぼこりのせいも多少あるけど)

とっても懐かしいにおいがする。

おじさんたちの顔つきが自然でいい。

 

リスボンにはまったくない空気感を感じ、

生きている馬の息遣いを感じ、

とってもリフレッシュした私です。

お友達同士で行ってわいわいとビファーナや

シュハスコ食べるのもいいですね♡

 

私は案内してくれた電車が同じおじさんと食べましたよ♡

15056366_1512144975469640_2851484115937121134_n

でもね。。。。。

 

実はこの前日。

10日にゴレガーンに向かったとき

なんとなんと

電車が立ち往生。

なんと4時間も駅で動けなくなって

泣く泣く引き返してきたんです。

写真は見知らぬ駅の ホームにたった一人の私(引き返すため反対ホームに行ったから)

14956420_1510779218939549_8495563343619929813_n

家を出てから7時間もかかってホテルに戻りました。

このような電車の遅れは珍しいらしいですが

かなり最悪でした。

4時間もなにもないホームで、帰りの電車がくるのをひたすらに待つ時間。

 

海外に行くときはいろいろ思いもかけないことがおきるので、

おかし

くらいは鞄に入れておきたいものです。

電話もパソコンも使えないリスボンで

たった一人はとても心細かったです。

急行が通る時だけ

wifiがつながって、facebookで生存確認の写真を投稿しましたが(苦笑)。

まぁこれも一人旅の経験ですけどね。

 

駅に戻って切符の払い戻しを願いましたが

「そんなこと言ってくるのか??そんな人間がいるんだ~~へえ~~~~~」

くらいの顔を切符売り場の方にされましてcrying

「払いもどしはいかなる場合もダメ」といわれたので

かなり悔しくなったので

「別に日にいけるようにしてください」

「ビッグトラブル!!!!」

と当然のように反論しました。

そしたら

切符になにか書いてくれて

「これで本当に明日使えるのか?」

という不安のまま

翌日電車にのりました。

 

全然それでOKでしたけどね。(もれなく怪訝そうな顔はされましたけどね!)

 

こういった不満はやっぱりいうべきだと思います!!!!

どんな場所でも。日本人は苦手だと思いますけど

むしろ

海外で困ってるのに

というのをアピール

 

するくらいでいいと思いますよ。

みなさんもゴレガーンの馬祭り、

とっても楽しいので是非これをみて興味を持った方は

リスボン旅行に取り入れてみてくださいね。

11月に2週間やっているようです!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

heart浅井雅子はポルトガルのファドを歌っています。

帰国ライブは11月23日の柏RENTA

から始まります。リスボンで生まれた郷愁のファド。ぜひ聞いてみませんか?

 

浅井雅子ファドHPはこちら↓

浅井雅子の公式website

ライブ日程はこちらでチェックしてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

12654327_1264573616893445_2346965214744653604_n
ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。