大阪食べ歩き編 その2) 黒門市場へ行きました。

8月の大阪河内音頭ツアーの最中に、

初めて黒門市場に行きました。 

 

黒門市場は、地下鉄の日本橋駅から歩いてすぐの

食べ歩きの商店街と言われる場所です。

大阪の台所 黒門市場

朝の10:30に行きましたがすでにすごい人でびっくり。

 

商店街の所々で、海鮮のバーベキューが食べられます‼️

海外の観光客(おそらく中国人の方が多い)がとっても多いんです。

朝から

 

ええーーーーっていう量を食べているのにまず驚きましたねー。

この人らの胃袋どうなっとるんだーーーーって感じです。

 

店の前の焼き場で焼いたものを店内で食べるスタイルですが、

中には海鮮のフードコートみたいになってて、店内がいくつかの店舗で分かれてて、好きなものを購入してテーブルで食べるということも可能です。

大人数の場合はそのような場所で朝から、皆さんお寿司やら、海鮮やら、色々と食すわけですね。

マグロをその場で解体してマグロを丼を食べさせるお店もあり‼️

 

どう見ても海老フライなのに

天ぷらと強気に表記された皿も発見‼️

 

(笑)

この牡蠣は2つで500円でした、、炭火で焼いてるのでめちゃ美味しいです。

私は一人だったので人気のお寿司屋さんのカウンターに座れちゃいました(笑)

 

色々なものが食べれて楽しいんですが

 

なんせ

 

ひとり

 

 

今度は誰かと来たいなぁーーっと

さすがにこのわたくしでも思ってしまいました。。。。

 

が、しかし

 

 

もちろんたこ焼きも食べました(笑)

ここには載せていませんが、うなぎの肝も食べました。

 

一人で満喫することは

一人旅の掟です。

 

💕この日のマチャコのチャレンジ💕

黒門市場で中国の方々に揉まれつつも

行きたい店に次々侵入。

寿司と牡蠣とたこ焼きも食す‼️

次回こそは楽しめる誰かと来ると決める!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。