私の目指すところを確かめるために

25日より6度目のポルトガルに来ています。

bty

bty

24日の夜便エミレーツでドバイを経由して

およそ家を出てから24時間を越えてリスボンに到着しました。

dav

dav

25日にホテルに到着後は疲れきって

夕方17:00~深夜1:00まで記憶をなくしてどっぷりと寝ておりました。

エミレーツ座り心地はいいけれど

ちょっと時間がかかりすぎるかも💦

個人的にはヨーロッパでの乗り換えの方が体力的にはよい気がします。

普段が超元気なだけに着いた日一日

なんだか損した感じがしちゃう気が早いワタクシ。

でも翌日26日からは元気に行動開始しております✨

 

 

私の目指すところを

リスボンに来ると毎回確認しているんです。

 

なぜなら日本にいてファドをどんなに聞きたくても

ポルトガル人のファディスタがいる訳じゃないし

どうしたって、、、、、、難しい。

 

難しいって言うのはね。刺激が足りないの。

ここポルトガルで自分にとって刺激のあるファド歌手に触れることが

私には何よりの栄養なのです。

また、更にはギターの厚みを浴びて自分の声を鍛え直します❗

日本では爆発的な大声の私ですが

こっちじゃこんなのはもう、普通です✨

ましてやおばあさんのファド歌手にかなわないくらいですからね。。。。

声量がですよ。

人間の声の神秘を感じます。。

今回もすでに素晴らしいファディスタに出会えておりますので

おいおい

こちらのブログにて紹介いたします。

日本で生声でしかも本当に深い歌唱って

なかなか出会えないものです。

深さって簡単に言葉にできないものなんです。

うたがうまいって

発声がいいって

発音がいいって

いうのだけじゃないんです。。。。。

私は目指すものがそれなのです。

それとは

聞いて納得できるだけの声が欲しい。

 

たくさん今回もリスボンで出会いたいです❗

さあ。今後のブログにも期待してくださいね!

dsc02704

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

12654327_1264573616893445_2346965214744653604_n
ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。