チャレンジの形 〜接近する野生クマとレンズ〜

わたしのファドのお客様にカメラマンさんがいます。

澤井俊彦さん。

昨年 田淵幸男賞を

「ツキノワグマ 21世紀の野生」というテーマで受賞した方です。

わたしは、実は昔から熊が好きで、

特に羆(ヒグマ)に関しては書籍をたくさん持っています。

地上における最強動物である羆は、爪の長さ15センチ、

一撃で頭の皮など引っ剥がし、

筋肉隆々

頭蓋骨を粉砕するくらいの力があり

走れば時速60キロ

木に登れ

水の中も泳ぐ

頭脳明晰

諦めない粘着気質

 

様々にサバイバル的にも強さ的にも

他に類を見ない動物だからあこがれ続けているです。

 

しかし、沢山の書籍を読む中で一番

好きな本はこれだと分かったものがあります。

それは熊谷達也氏が書いたこの小説

邂逅の森

ウィキペディアによる邂逅の森解説

 

わたしにとってこの本の内容は、全てが

リアルでそして感情に満ち溢れ、愛と復活、

そして決して諦めない心。

チャレンジ精神に

かけた男の物語。

憧れてやまない世界がここに詰まっています。

もしちょっとした詳しい内容が読みたい方はこちらを

邂逅の森について

注意(かなりショッキングな描写があります)

マタギという、女性には考えられない男の世界の物語。

でも内容は愛に満ち溢れているんです。

 

ラストシーンには熱く涙が溢れて止みません。

 

さてこの邂逅の森ですが、出てくるのはわたしの好きなヒグマではなく

月の輪熊なんですよね。

月の輪熊はわたしの中ではヒグマに比べりゃ小さくて、丸っこくて、

時々ニュースを沸かせはしますが、

基本的には

 

脅せば逃げそうな気がしていたのですが←無知。。。。

 

いやいや、この小説を読んだりする限り、

すごい奴だ。。。と思うようになりました。

 

そこで出会ったのが澤井さんです。

最初はあちらからファドの興味を持たれて、知り合ったはずですが、

撮っている写真をfbで見て驚いたのはわたしです。

 

何をーーーーこんな近くで熊を撮影していいのかーーーーーー。

 

正直、最初はそう思いひっくり返りそうになりました。

だって近すぎる。

 

澤井さんは何日も山ごもりをし

まるでマタギのように熊を待って、独自の方法で撮影しているのですが

 

わたしから見たら

 

銃の代わりにレンズを持ったマタギ。でしかありませんよ。。。

 

熊を撃つかわりに、シャッターで斬りとるという違いです。

最初山岳写真を撮っていた澤井さんがツキノワグマに遭遇したいと思ってから出会うまでに

 

28年もかかったそうです。

 

何という何という

 

片思い歴の長さよ!

 

しかも

 

会えたのも、

ほんの数秒だったそうです!

 

しかしそこから諦めないチャレンジャーがさらに月の輪熊に動き出して行く様子。。。

 

今月のアサヒカメラには多々のエピソードが載っていますよ!

 

どうやら売り切れ間近らしいという噂が。。。

本屋さんで見たらぜひぜひ、見てください。

びっくりしますよ。

 

わたしもカメラが好きですが、

ここまでの方にファドを気に入っていただけて嬉しく思います。

 

わたしも、どうしてもファドが歌いたかったから

たった一人でもポルトガルのリスボンで歌い始めたのが2008年の秋です。

 

たった一人

未知なる森の中に足を踏み入れる感覚で、アルファマの迷路や

バイロアルトの坂道を登ってファドを

探していきました。

マチャコのファドエッセイ

根本のチャレンジ精神はきっと同じなんだな。

と思います。

澤井さん、是非みなさんも知ってほしい。

そしてツキノワグマの写真集をぜひぜひ世の中に広めて下さいね。

 

マチャコのファド活動 ウェブサイト

マチャコのダンスクラス ウェブサイト

★今日のマチャコのチャレンジ★

 

追い抜かれてしまった写真の被写体。

いや、女でやったら、カメラマンっていうところじゃない部分で騒がれそう。。。

絶対にやらないというのもチャレンジャーの1つです(笑)

澤井さんは本当にすごい人です。

これからもガンガンに突き進む澤井さんに期待しつつ。

 

我々もチャレンジを続けたいですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。