失敗は成功の元だがあまり続くと癖になる。 その1)

人生七転び八起きのマチャコです。

 

とはいえ

 

失敗続きは確実に自分の評価が下がるという話。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なぜならば、癖になってしまうとちょっとやっかいだ。

なんでもいいんだが例にあげると私は昔弓道をやっていたのだが

1回も矢を4本とも的に当てるという

皆中(かいちゅう)を出したことがなかった。

 

3本目までなんとかなっても最後の一本が当たらないことが続くとそれが自分のパターンになってしまうからだ。と今では思っている。

 

それ以上にわたしには的に絶対当てたいという欲求がなかった。

わたしにとって弓道はフォームが美しいことが第一条件。

 

当てよう当てようと前のめりになっていくチームメートはどこか

美しく見えなかった。

わたしは全部当てる欲求よりも

一本外れてもうつくしいフォームを保つことを

もともと選んでいただけだ。

これは負け惜しみではない、なぜなら当たらなくても悔しくなかったからなのだ。

わたしにとって武道も踊りに近いイメージ(フォーム)

だったのだろうなあ。

さて、話をもどすが、こうやって自分のパターンが出来上がっていく。

失敗もそうだ。同じ方法でやり続けている場合、失敗しても

次も同じ方法で技術をあげても、わりと失敗してしまう。

 

でも新しい方法を取り入れて、今までの自分とは違う頭のねじを入れる(もしくは外す)そうすると

 

突然開花することがある。

 

失敗は成功の元というけど

年がら年中失敗しても、そうやって開き直れるほど人間は

ポジティブにできてはいない。

いつかできる。

というのは

やり方をきちんと変えて

確実な方向に行くことで

達成するわけで、

 

間違った方法でずうっとやっていても

何も変わらないのだ。

 

しかも恐ろしいことに

何も変わらないということが本人はわからないほど

切羽詰まっていたり、追い詰められる場合が失敗続きには多い。

 

だからその癖をどっかにとっぱらうことをしないとならないのだ。

 

私のおすすめは、

普段やらないことをやりまくること。

私の個人的なお薦めだから確実かどうかは知らない、

けれど私はこの方法で、できなかったことをできるようにしてきた。

人から勧められたことでできそうだなと思ったらとりあえずやることにしている。

 

だって

今までの自分のやりかたじゃできなかったんだもの。(そうでしょ?)

 

ここなんですよ。

ここがわかると行動がすんなりできるんです。

一番大事なのは、失敗することではない

 

失敗したことで自分を責めることだからね。

こうなって成功するのは非常に大変だということだけは

わかってきたのだ。

 

後半に続く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。