みんなにいい人になろうとすると嘘つきになる。自分にいいことしようとすれば正直になる。

いつも自分を隠さず嘘なく開示していれば、
そこから無理に造りようがないし、
人にも、自然と素直にいられます。

人のちょっとのミスくらい、笑って済ませられますし
そういう姿勢の本人のミスも周りは許して
「むしろフォロー」します。

こういう関係は
居心地良いですし、甘えではありません。

でも、

 

いつも気持ちにどこか嘘をつき続けて人に表面では合わせて

その場はいい顔をする。

なのに
なぜか裏では本音を言うというスタイル。。。。

「みんなにいい人になろう」
「完璧であろう」
「他人の失敗を絶対に許さない」

そんな姿勢でいると、、、、、

そのうち、途端に
「本当の自分の気持ちほど気軽に言えなくなり、
素直に表現など到底できなくなる」ようで、、、

 

先に「人に真実が感じられない」から人を許せないわけです。

しかし実は
その本人こそ、

「まさに自分には真実がない」と一番よくわかっていること。

そして
誰かに本心を突っ込まれるのが何よりも

怖い

なぜなら自分自身が
自分を信用できないから。

だからこそ
簡単に本音を口に出すことも、
そのうちにできなくなり、
その逆で

「嘘だけは真剣につく」という事になるんだなぁと。

しみじみと学ぶ出来事もあった
この夏でした。

全てを、冷静に最後まで客観視していた私ですが、、、、、

こんなこと、皆さんもないですか?

 

私は、

ただひたすらに、素直に生きていたいです😊

一回しかない人生なのに

小さな嘘の積み重ねなんかで
感情を出せずに台無しにするのは、
本当にもったいないですよね。

どんなにいい生活
素晴らしい才能などに恵まれていたとしても。

それは

とっても悲しいことです。

つまりは、、、、、

がはははーーっと、正直に笑いたい。
何時もではなくても

やっぱり自分を開示できるって
「大きな笑い声」なんじゃないかな。

そんな馬鹿げた大笑いも、
はいよーー、きたねーーー、
待ってたよーーーーって

受け止めてくれる場所を作るべきだと感じました。
それがあれば、いつだって怖くない。

とにかく、まずは先に人よりも
素直でいたいですね。

 

先にそうあれば

その状態が

それは伝染します。

そして
私もそういう素直な人を受け止めていたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA