絶対にしたくない顔

私が人から話を向けられたときに

自分は絶対にしたくない表情があります。

 

それは

相手が楽しそうに話をしてきたときに

「で、それが?」っていう顔です。

わかります?

ね、、、、

わかりますよね?(笑)

 

これ、皆さん経験ないですか??

一回くらいは、ありますよね?(ないっていう人はよっぽど運がいいのだよ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これされると

一気にテンションさがるし、

「まずいこと言ったのか?」って気になるけど

ええ、大丈夫ですよ。

 

何の裏もなく(つまり自慢であるとかお惚気であるとか上からのマウンティングとかじゃない素のあなたが本当にうれしくて話したのだったら)

自らの喜びを口に出して体で喜んでいる姿って

とても美しいですもの。

に比べて

「で、それが?」っていう態度は とてもじゃないけど

美しくないです・・・・・超いじわる。

 

いや、、本当にその話には興味ないのかもしれません。

でもね、

友人なり知り合いなり家族なり恋人なり

多少なりとも知り合いじゃなかったら話しませんよ。

 

だからね

 

「わ~~~よかったね!」

くらい相手も大人だもの、自然にいえるとおもうんですよ。

それとか

「そうなんだね!」← ね???

とか

「う==んそのことは、よくわからないけどあなたが幸せなら嬉しい~~~!!!詳しく教えて!」とか

 

言いようって「いくらでも」あるの。

相手が「あったかい気持ちのある人ならば」ね。

でもそれを真っ向から拒否して

喜び否定するのが

「で?それが?」な態度です。顔に意地悪出てるんですよ~

 

「なんだこの人、不幸せなのかな」ってうっかりこっちも思えちゃうんですよ。どんなにその人が順風満帆に見えてもね・・・

だって

さすがにひどいでしょ。

 

喜びや笑顔を前に、ふてくされる態度の人には処置として

私は

 

ご本人が実際は不幸せなのだと思うようにしました。(終了)

 

今日は、まあそんなところです。

 

★気持ちに余裕を持ってたら対面する相手の喜びを共有できるはず。そういう人になりたいね。いつもご機嫌だったら最高。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。