持つべきものは音楽友達


昨夜、電話で古い?音楽友達に
一つの相談をした。
これだけ書くと
なんてことのない話だと思うけれど
実はこれってすごくその人の信用ができるから、
電話で気軽に連絡しているんだと思う。

本当にありがたいです。

モヤモヤしてたが、数分でスッキリ‼️
うう。。。ありがとう

そこで話したことをシェアしたい。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

「ボーカルって
歌を歌うことだけじゃなくて

周りに気を使ったり、
全てに目線を配って、
集客をして
完璧なmcをして、、、、

「歌でお客様を魅了すること」以外にも
あれもこれもできないとならないじゃない?

そう言うのが疲れて嫌だったら
自分が歌って楽しむだけなら
ライブしないでセッションに行って
歌えばいいんだよね。
それが一番歌を楽しめるじゃない。」

本当にその通りだ‼️
自分が歌って楽しいだけならそれが一番幸せに間違いない。

でも私は、

どんな辛くてもライブをやめないだろうな、
と思っているし、

もし一千億円この手にあっても

歌ったり
みんなを盛り上げたり、
一緒に楽しむリーダーをずっとずっとやっていきたいから

これをやってる。と言い切れる‼️

。。。。ってふと思った瞬間。

「マチャコほどそういうことに積極的ない人は、他にいないよーーー笑
そういうマチャコが好きな人を今後もあなたは楽しませたら良いんだよ!」
とポーンと返ってきた

ほんとやってると
色々なことが起きるし
理不尽だなって思うことも多い

けど

自分でぜんぶかかえこまずに
こうやって小出しにしながらこれからもやめずに頑張ろう。

今までいろいろな場面で、やめて来た人がいた。
それにはいろいろな理由があるとは思う。

ボーカル陣は常に
一番前に立って
今日も明日も
小舟に乗って荒波に打たれて、揉まれて
ああだこうだ言われて

それでも好きだから歌い続けて

最後は己の新天地を目指しているということだけ
この投稿で
わかっていただければ嬉しいです

華やかな裏側は、歌以外の絶え間ない?

あれこれをいかに乗り越えるかにかかっているのです。

応援していただければ感謝です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。