気持ちよくなんでもやりたいから。

この前、とある友人と話をしていて、すごく感じたことがあったので

シェアしたいと思います。(この話は最後にかきます)

 

まず、

同じ目標を相手ともっているなら

気持ちよく、そしてもちろん出しあえる能力を出し合い、

やっぱり常に楽しくやりたいですよね。

私は、ダンスにしても、歌にしても、生活にしても

すべての面において、そう考えます。

 

だって少しでも接点があるなら、そうじゃないですか?

 

以前、まだ会って一回しかなかった女性が、

自分のイベントに私を呼んでくださったときに

「私は今日、精いっぱいマチャコさんを人とつなげるために

動くからね!」と気持ちよく言い切ってくださって多くの方と

結びつけてくださいました。そこでファドを歌わせてくださり

たくさんの方に聞いていただきましたが、

歌えたことも嬉しいですが、何よりも

 

その気持ちがうれしかったので、

私は今でもその方に感謝をしていますし、彼女のビジネスを

陰ながら応援しているのですが、

何よりも、おそらく彼女は誰にでも、そういう気持ちを持っている人だと

感じています。とても気持ちいい人でした。

自ら自分のお仕事を売り、成功した方で今では、独り立ちして

お母さんをやりながら最高のお仕事を提供していらっしゃいます。

 

自分の心が豊かな人って、こういうことがさらりとできるんですよね。

いうときも全然恩着せがましくないですし、一生懸命。

人に恵まれるんだろうな~と思います。

 

同じようにビジネスの面では、うまくいっていても

他人には余計なことはしたくないっていう人もいますが、、、、

 

これ最近本当に何度も書いていますけど

大体において、そういう場合は、

 

ビジネス以外、例えば、パートナーシップなどの面で

うまくいってない人が多いです。

たまたま私が出会う人だけじゃないと思いますね。

 

愛だなんだは、いろいろに胡散臭いといわれたりもしますけど

おそらく愛なんですよ。

 

笑ってしまいますが、本当に愛がある人かどうかが大事なんですね。

 

で、本題です。

 

最近会った友人から仕事を一緒にやっている方と

どうもうまくいかないという相談があったのです。

 

相談といっても、彼女の場合は愚痴にならない女性でしてね。

聞いていてもなにか、こう、すっきりするんですけどね(これは彼女の持ち味です)

 

それはもう仕事のグループを5年以上組んで

なんどもお仕事を成功させているのは彼女のおかげであることは

間違いないのです。(誰から見ても)

 

なのに、メンバーが

「以降はもう、どうなるかわかりません」

だとか

「もう一緒にやらないかもしれません」

などと

一仕事終わると、不安にさせるようなことをいうらしいのです(困)

 

しかしそのお仕事は彼女無くては達成できないことで、

ほかの周りのメンバーは彼女に感謝しているし、

もちろん次の仕事も彼女が回して、周りはそこにお手伝いをするような

関係です。

 

で、わたしは聞いてみました。

 

つまりその相手が仕事をしているときの

様子ですね。

 

それを聞いて。

 

「ああ、やっぱりそうだな」と思ったんです。

 

その彼女のメンバーとは全く畑が違うのですが

以前、私が一緒にお仕事していた方が同じような人だったのです。

つまり

腕はあるけど、愛想がない。

つまり「愛がない」んです。

 

職人としてはそれでいいと思いますよ。

一本筋が通っていて、いい仕事するんでしょうね。

 

でも

そういう人は今の世の中では

まず自分では、お仕事得られませんし、一緒にやりたくないなと

今の私は思います。

 

なぜなら

 

そこにいるすべての人にとって

有害だから

 

あ~~~~書いちゃった。

 

そして有害なくせに

自分では仕事を得られないので、

得てくる人に

 

甘えるんです。

これでは気持ちよくやれませんよ。

私もおんなじようなことがあったし

結果もあり得ないことが起きたので、わかるんです。

 

そういう人は変わらないですからね。

 

申し訳ないのですが、私は彼女のお仕事には

もう暗雲があるなあと感じました。

 

なぜならその状態で何年一緒にいても

変わらないでいるからです。

 

 

関わる会社や、お客様は、

やっぱり気持ちよく楽しく提供をしてくれる

ビジネスを求めていくと思うのです。

 

特にこれからの時代なんか!!!!!

 

一番大事な継続の秘訣はそれしかないと思いますよ。

 

常に感謝の気持ちがあればそういう態度は取れないものです。

気持ちよく何でもやりたいと思っていないのです。

相手の気持ちがわからないのです。

 

メンバー同士ですべてに感謝をして

いいアイデアを出して、ざっくばらんに話ができないと

発展していかないのです。

 

特にリーダーをやってくれる方に感謝が見えないのが最悪です。

 

わたしだったら彼女がいろいろやってくれたなら

笑顔で何でもお手伝いすると思いますよ。(そういう素晴らしい人なので!)

 

まあつまりは

甘えているんですね。

 

やっぱり、

「お仕事の全体像を考えてそこにいるすべての人を気持ちよくすること」を

一緒に考えていける仲間が良いですね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。