ファド、その新しい世界を切り開くユニット FADONOVA

6月4日(火曜日)新しいファドの世界をお見せします!

ファドは、ほかの音楽と同様に変化し、アレンジされ、
「まったく新しい要素が加わって、
現在のファドのアーティストによって演奏をされている」
のが現ポルトガルのリスボンの状況です。

もちろん基本のスタイルは健在ですし、
街中のファドレストランでは、基本のスタイル演奏していることがほとんどですが、
実はよく聞きまわっていると、、、

スタンダード曲のアレンジがまったく変わっていることに「気が付き」ます。

そして私が向こうにいって思ったのは、
むしろ時代に合った音になっていくほうが
ごく自然だということでした。

アマリアロドリゲス
同時代のファドの先駆者にも素晴らしい方がたくさんいます。
けれど、今の時代は

そこから「ずいぶんと時がたって」いる。

だから20代、30代、40代のファディスタは若手と呼ばれ、
同じようなスタイルでだけでは行っていません。
自分で曲を書く人もいますし、詞を書く人もいます。
さらに、衣装においても黒ショールというほうが珍しいですね。

みなさん自分のスタイルを模索し研究し、
独自の個性の突出をなさいます。

同じ曲でもギターさんの弾き方やアレンジで
まったく違う印象を受けるのはそのためです。

もちろん歌い手によってもその印象は違います。
そしてみなさん元あるスタイルでの歌唱も大切にしています。
大切にしながら切り開く。

音楽はそういった要素がなかったら
少しずつの発展をしませんからね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

我々のユニット「FADONOVA」は、木村純さんのブラジル音楽の要素、そして嶌田憲二さんのジャズやラテンの要素、
私の民謡の節回し、ダンス音楽出身の要素(つまり踊るとか)
を加えた新しいファドなのです。聞けばわかりますが、生まれ変わって新しく進化したファドです。
新しいチャレンジをしています。

新しいファド=FADONOVA

ファドを「難しくて聞くときに緊張するような音楽」ととらえてほしくない。

まずはもっと気楽に、
「お酒を飲みながら心地よく、
緩い気分でリラックスして聞いて欲しい」という願いから生まれました。

なので、このユニットではアンプやマイクを使用し、全体の音のバランスが最高になるようにセッティングしています。

このチャレンジをぜひ体感してくださいませ💖

日暮里サルーでお待ちしています。
(イベントページ)
https://www.facebook.com/events/405878043584918/

★6月4日(火曜)
新しいファドの夜 〜FADO NOVA〜

ポルトガル大衆音楽のファドを
ボサノバやジャズの要素を加えて、
大人のお洒落な音楽にアレンジして演奏している
FADONOVAが 日暮里サルーに初登場です。

ボサノバの帝王 木村純の美しいギターの調べを
ウッドベースの嶌田賢二の深みのあるベースが支え
ポルトガル仕込みのMACHAKOの哀愁の歌声が2つの弦に乗って
皆さまをリスボンの夜へと誘います。

是非、ポルトガルの異国情緒を、
息の合った3人の熱い演奏で
存分に感じてください。
この夜は日暮里サルーがリスボンの街角にある
ファドBARになることでしょう。

皆様のお越しを心よりお待ちしています。

場所)日暮里サルー
http://www.club-salud.com/

場所:東京都荒川区東日暮里6-60-9 日暮里駅前ビル3F  
JR日暮里駅東口駅前徒歩30秒!。ドトールコーヒー前からバスロータリーの歩道を渡り、居酒屋大将の上、3階。

電話:03-3807-2150

オープン)19:00

開演)19:30〜
2ステージ

クローズ) 22:30

チャージ)3000円 (1ドリンク付き)
★お食事メニューございます。(後日お知らせします)
お店にご予約の上、お願いいたします。

出演) FADO NOVA
歌 MACHAKO
ギター 木村純
ベース 嶌田賢二

★ご予約はお店に直接か、MACHAKOまでお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。