白鷹になりたい。

わたしには、何年間もどうしても乗り越えられない壁がありました。

注意)歌や踊りのことではありません。

 

今考えてみたら、この壁があったために

歌も踊りも

こんな言い方はどうかと思うのですが

「それに比べたら絶対に乗り越えられる」と思っていた節があります。

つまり、とても難しいファドも、フラメンコも、河内音頭も

サルサの指導も、

この壁に比べたら

「必ずなんとかなる」と私は思っていました。

 

なぜなら

私はファドを学ぶことで永遠のストレートボイスを手に入れ

こんなに強い声を自分の力で得ました。

 

それは何よりも大きな

「自分でもできるという達成感を自分自身に与えた」からです。

 

そう、今わかります。

私はその行動を自分でやりとげて、

だからこそ、別の大きな壁にも立ち向かうことを逃げずに決めたんですね。

 

こう考えるとファドが、ポルトガルが、声が

私の人生を変えたといっても過言ではありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そしてその壁は、2年とちょっとで実は乗り越えました。

 

悩んだ時間は16年。

解決までには2年でした。

 

なぜそんなに悩み

なぜそんな短期間で乗り越えられたのか。

 

今それをかみしめて生きていますが、

毎日がまるで天国のように思えます。

そう、今まで牢獄の中に

鎖につながれたまま、

私は檻の中からポルトガルへ、キューバへ、スペインへ

行っていたんです。

 

この感覚わかりますか・・・・

 

つまり、体が自由になっているように見えて心は

いつも縛られていたということです。

 

心が自由ではなかったということです。

 

今は違います。

 

ものすごい心の自由を感じるんです。

羽が生えているかのように、私は今、飛び回ってます。

 

今憧れている白鷹のように(笑)

 

鷹にあこがれます。

 

鷹は戦国武将が愛した鳥です。

 

わたしも今、武将になりたいくらいの気持ちがありますよ。

(本気です)

 

本物の戦いは、これからです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA