とにかくやり切らねば、わからない

踊りも

歌も

さまざまな学びやレッスンも

どんなライブであっても

仕事も

遊びも

はたまた、

男女関係も!

 

やりきってみて、とことんやってみて

「もうこれ以上は一ミリも動けないよ~~」

というところまでやり切らないと

絶対に本当のことなんてわからないなと思うのです。

 

世の中の人間全部がそういう考えじゃないかもしれないですが

私はそういう人なのです。

 

キューバ時代は朝から4レッスンを受けて、

午後のライブにいったら、ご飯を食べ、また深夜11時くらい

からのライブにもいき、

深夜3時くらいに寝る。

そして翌日はまた8時からレッスンを受ける。

 

そんな毎日でした。

 

さらには、

NY時代は朝から何レッスンも受けて、そのあと

ブロードウェイを見に行き、ヘロヘロになって寝る。

 

ポルトガルのファドでは

店が終わっても残り、

二件目にギタリストに連れて行ってもらい

朝までコースも有り、

 

スペインのフラメンコでは、

そんな踊れないくせに、中上級クラスに

放り込まれ、ひいひいいながら3,4時間を

学び、足腰フラフラになった後その夜は、ライブに2つ

はしごする。

 

30代のサルサイントラ、イベンター時代は、

お休みは一日もなくって、

毎日レッスンして、ライブして、イベントして

ダンスチーム3つやって、DUOもやってバンドも2つやって。

 

なんていうか

もう走りすぎていた気がします。

=============

 

でもねえ。

 

まだ

 

足りない!笑

 

できることならまだまだこれからも

フラフラになるまで何かをしたいんです。

フラフラになって

 

もう動けないよ=====ってなるでしょ。

 

そこで自分がどう思うかを知りたいんです。

 

それでも翌日に

 

まだやりたいと思うものが

本当に好きなことなんです。

 

一生やり続けたい情熱のあるものに間違いがないのです。

 

燃え尽き症候群なんて嘘です。

もともと好きじゃなかったんですよ。

何でもよかったんですよ。

 

何でもいいから燃え滾るもんを経験したら満足しちゃうんです。

そういう人は。

 

本当に情熱が続くものは、

燃え滾っても、灰になっても、

 

またふつふつと、燃え始めるような

燃料が自分の中にあるんです。

 

それが本当に好きなものに間違いないです。

 

そして私にはそれがありますから

とても幸せなのだなあと感じます。

 

人生半ばを過ぎてさらに新しいものを見つけました♪

 

また加わった、その一つは、

本当に本当に欲しかった情熱でした。

 

失いたくないし、

ずうっと大事にしたいですが、

なぜ?もうわかっているかというと

 

こんなにいっぱい大事なものがあるのに

そこに加わったものは

 

今まで一番欲しかったものだったからです。

 

だからね、どんどん欲しがればいいし、

どんどん、不満足だといえばいいし

 

自分の人生なんてこれからこれからと、

自分で決めて、新しく出会うものをどんどん受け入れていき、

 

自然体で、大事なものをこの心に残して

生きていけたらいいんだと思います。

 

要らないものは捨てて。

 

今、あるものを大事に大事に、

 

その大事なものもまた変わってしまうかもしれないけど

 

恐れないでどんどんと取り入れたり、捨てたりを

繰り返そう。

 

それで残ったものが本物なのは間違いないから。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。