今まで自分がやってきたことをやめればよい。という視点

それにしても岩崎宏美さんや、八神純子さん。

この張りのある、美しい声。

 

きっとこの高音の伸びに「誰もが憧れる」と思うのですが、

二人とも「低音の安定感もとても」あります。

こういう素晴らしく安定した声の音をきちんときちんと聞いて、

これがいい声だと素直な声だと

 

とらえられるかどうか、

が、まずとっても大事なことです。

 

「自分には無理」と思わないこと。

 

「自分もこうなれる!ではどうするか。」

と考える。

同時に

「絶対に鼻声や裏声の歌唱を聞かないようにする!」

(見本で違う表現を聴くのは、自分をよくないほうに引っ張りますから。)

一番やってほしくないなあと思うのが、

「今の自分を比べること」

 

人は今までやってきたことそれが=結果なだけなんです。

 

「今までやってきたことを変える。」

そこから発声が変わるんです。

これ一番大切なのですが、多くの方々が気が付かず

 

たった一人で練習を重ねて

今の良くない自分の声を浴び続け

 

それでライブをしたり、人前で歌ってしまう。

 

だから繰り返してしまうだけなんですけどね。。

これをやってしまうんですよ。

これ、私もやってましたが

何年たっても突破していかない自主練です。

 

この岩崎さん、八神さん、というプロの歌手の

二人の「数十メートルさき」に

ストレートな素直な良い声を「思いっきりぶつけている」

このような

イメージを大事にしているだけで、

まず、自分の意識を変えて、

そこから声は

今よりも必ず、きれいになります。

 

どんどん感動して

いいなあという声を聴きましょうね!

少しでも違和感を感じる声や発声はその時期は

聞かないようにします。

 

これ本当にすごくいい練習方法ですよ。

 

私も、いいお見本と一緒にいるだけで、

私はポルトガルでファドの声を身に着けました。

 

その間は、あんまりうまくない人、小さい声の人、

の歌は聞きませんでした。

ポルトガルにだって、

鼻声だったり、頭声発声の

ファド歌手はいます。ただ発音(ポルトガル語)が支えているので日本人ほどの声の圧の薄い歌い手を見ることはほとんどないのですが。

 

オペラのように本格的な方はまた別の位置にファド歌手として

いらっしゃるようなんですけど、

やっぱり、声に太さがない裏声人の歌は、

ファドの迫力ある伴奏自体がなじみません。

ギターさんたちのギターの深みに負けちゃいますしね。

 

なので

わたしは毎日ストレートボイスのファド歌手だらけの

一流のお店に行きましたよ。

 

そのたびに、

「私がこういう声を手に入れるためにどうしたらいいか」

 

ととにかく毎日考え

翌日は朝日に向かって

 

「絶対にやってせる、絶対にいい声でのファドを歌って見せる」と

念を飛ばしていました。

 

この時代の私は、朝からずうっと

とにかく

いい声でファドを歌って見せる。

 

という一言しか頭になかったですね。

 

それくらいのめり込む時間が必要ともいえるなと感じています。

そして高音も低音も双方が本当に双方が伸びないと

 

まずは表現ができないということを学びました。

 

この低音と高音の

「両側で支えているのがファドの声の

芯」のようなものですからね。

 

どちらかに傾かず、

低音の震えや息声を安定させて

高音の裏声や弱さを太くする。

 

そうしないと一曲が音程だけあっていても

ふわふわ聞こえるんですよね。

 

また続きます!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA