優しくなることに妥協はしない。

これはつい、去年末くらいまでの自分ですが

どこか自分のたりない点を即座にあげては

自分はこんなだから、諦めた方がいい。

今の現状のままで十分だ先を望むなんて横暴だ。

いつどうなっても仕方がないことだ。

などと

自分自身を下げては

諦めた方がいいと思うことがこんな私でもあったんです。

 

 

 

えっ、、信じられないですか?

普段は前向きでポジティブな面があります。

実際、最後はパワーで押し切る部分も多いです。

 

でも今までに生きてきて蓄積された負のパワーも

生きていたらあるんですよ。うまくいかなかったいろんな

いろんなことがあって、

それが常にフラッシュバックするんです。

 

それがつい去年の年末までの私でした。

 

でもそれはある意味の妥協であると気がつきました。

 

 

私に声を心からかけてくれる人の中に

この2年半の間、ずうっと見守ってくれている人がいます。

とても心の支えになっていて

私がこの数年頑張れたのです。

 

話し合ううちに妥協はダメだ

生きるならいい状態になるように

作り上げて育てていくことを

諦めたらいけない。

どんな過去があろうとも

今を大事に生きていかねばいけない。

 

そんなメンタルが私に自然に植えつけられて行ったんです。

 

また自分自身を大事にするということで

セルフコンパッション という言葉があるのですが

https://www.psychological-skils.com/entry/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%81%AF

私は本当に自分に甘いけど優しくはなかったし

人にも優しくなかったんだと気がつき、再び自分を責めることが起きました。

気がついて責めているというのはまさに自分に優しくないんですよね。

 

でもそうならざるを得ない生活だったり

環境に身を起き続けていたことに気がつき

 

これからは他人にも自分にも優しく生きようと

思い治せました。

今まではこれができるような

簡単な環境ではなかった。

 

気がついてからなんてことを自分自身に課していたのかと

涙を流して綺麗にスッキリと泣き終わりました。

 

生きてると色々な人に出会います。

みんな意味がある出会いです。

 

私はこのことに気づくために長い年月を生きていたようにさえ思えます。

 

セルフコンパッション については、

知ったことで本当に救われました。

ありがとうございます。

そして身近にそれを教えて伝えてくれる人がいることは

宝物だと思っています。

 

 

優しい人についていきながら自分もほんとうの優しさとは

なんなのかを学びたいと思えます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。