老人ホーム 慰問トークライブに行きました。

日曜日に住吉にある老人ホームに行きまして、
初めて一人でカラオケを使ってファドを歌い、ポルトガルの
お話をしてきました!

 

IMG_2849

可愛い小物やカタプラーナ鍋は、行徳でcosinha asakoを営む
プライアアサコさんに持ってきていただきました!
ありがとうございます。

始める前は
「カラオケで上手に歌えるものだろうか」
(とにかくファドでカラオケ使用するのも初めてなんです!)

「ポルトガルの話に興味持ってくれるだろうか」

などなど不安もありましたが。

徐々に席に座ってくださるおばあちゃんと
笑顔でお話をしていく中で
まず私が気が付いたのは、
そのような心配とは別のこと!!

おばあちゃんから
「元気な若い人を見てるだけで幸せになる」

というような発言があり。

(そうか、そうかとにかく元気でいつもの私でやれば
大丈夫かも)と思えまして!(単純)

その後、

予想通りの

まちゃこ大爆発(笑)

 

IMG_2866

自分が伝えたいことを
ストレートに話して
たくさん笑っていただき
たくさん目をキラキラさせて
入居者の方々は思い思いに
ポルトガルを感じてくださった様子です。

 

IMG_2863

オリジナルの日本語ファド
「蜃気楼の彼方に」のあとの静寂は、
シレンシオと呼ばれるファドのときに生まれる時間そのもの
でもありました。。。。

やっぱり日本語っていいですよね♡
「暗いはしけ」も半分日本語で歌い、
「闘牛場の悲しき午後」では手拍子も起きました。

13866966_1636045826685737_1855386794_n

最後は「コインブラ」を大合唱!

45分の演奏とトークが一通り終わって
片づけようとしていると、一番前にいた
おばあちゃんが

「いつまでもその元気な声で歌い続けてくださいね」
と泣きながら話しかけてくださり、
私のほうに涙伝染・・・
二人で泣いてしまうという事態に。

だって。。。

老人ホームにいって
そこのおばあちゃんから

逆に励まされるなんてね!!!!(涙)

30人のリスナーの中にたった一人だけ
ポルトガルに何年も前にいったという女性がいました。

その方は体も元気で言葉もしっかりしています。

けれども、施設の人いわく
「あの方は何分前かのことをすべて忘れてしまうんです」
と。

ところがです。
昨日施設からメールがあったんです。。

「すぐに記憶がなくなる方が、あの日の夜に、
今日はポルトガルの歌を聴いたの。とっても素敵だったんですよとお話ししてくれたと。
職員がみんな感動してしまいました。
コインブラの大合唱も、あんなにみなさんが大きな声を出して
歌っているのも初めて見ました!
知らない曲を歌うなんてびっくりしています。」

と・・・・・

よく最近は

声を聴くとすっきりする。
ライブのあとはよく眠れる。
叫んでいるのを見ていると気持ちがいい。
元気な姿に励まされる。

という感想が多くて。

自分でも、私はファド謡いだけど
やっぱり何をお客様に伝えたいかって

「生きてるって楽しいよね。歌うって楽しいよね
みんなで元気になろう!!」

ってことだと思うんです。

だから
ファドが静寂で
悲しくて
哀愁があって

も一部はもちろんいいのだけど。

それだけじゃないファドを
もっともっと追求していきたい。

そしてこのようなホームの場にももっともっと出て
元気を与えていきたいと
思っています。

大変に新しい貴重な体験をしました。
機会をくださったまりさん。ありがとう””

もし「ポルトガルトーク&アカペラファド」

ご用命がありましたら
是非お声かけくださいませ!

 

IMG_2867

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

12654327_1264573616893445_2346965214744653604_n
ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA