伝えかたのかたち

心の中に溜め込んでおくことを

相手に言えずにいる理由に何があるだろう。

こんなこと言ったらどう思うんだろう。

嫌われるかもしれない。

わがままだろうか、と

自分で一人で考えて

モヤモヤしてイライラしてしまうことはないですか?

私はこれだけ日々歌ったり踊ったり動いたりして

色々と行動的で気持ち歌や踊りで表現し続ける人間ですが

こういうことが実は苦手です。

 

なぜなら今まで自分の思うことや感じることを

かなり独特で受け入れにくいと多少周囲から

思われていることを知っているからです。

 

以前は自分のペースがごく一般の人とは違うと言うことを考えずに

押し付けてあっぷあっぷさせていたことも多々ありましたし、、、

 

歌や踊り以外の場

つまりプライベートや友人関係、

親子関係ではこう言ったペースを

受け入れられることが

少なかったからなのです。(今は割と時代なのか表してもいいよと言われますが以前は違いました)

 

察するのが文化の日本では

昔からはっきりしすぎててキツイとか

わがままだとは良くいわれました。

 

今となってはそうでなかったら生きていけない世界に

行き、自ら主張して

色々学べたのがこの性格のおかげで良かったけれど。

キューバやニューヨーク、

ポルトガルでも、本当にそうですね。

自分のしたいことを主張する、これが基本でした。

そうしないと欲しいものややりたいことは

たった一人での海外で実現しないからです。

でもそれは

たった一人のことだからできるんです。

でも対相手がいることととなると

俄然私の中では

相手はどう思うんだろう。

と考えてしまう弱い部分があるんです。

 

さらに自分一人では割と達成してきたことが多いため、

私のペースは独特です。

相手とともに達成させると言う行為にあんまり慣れていません。

世の中には溜め込んで自分の中でそれを押し殺すような人も

また逆に

自分の主張を押し付けているばかりの人もいます。

 

両極端ですが

でもそのどちらも実は

 

誰も幸せにしないのです。。

心を閉ざして相手に合わせても

自分のことを押し付けているだけでも

新しい変化が起きるわけでもないのです。

でもこのどっちかよりになってしまうことが多いように感じます。

 

特に我慢に我慢を重ねた人が爆発するとそれがまだ相手にだったらいいですが←

自分に爆発するとどうなるかと言うと

 

病気になります。

 

そう言う方も見てきました。。。。

 

 

多くの女性は我慢が好き。

割と、本当に

 

最近私も、ずうっと心に溜め込んで溜め込んで居たことがありました。

 

でも様々に理由をつけて、

私が変わればいいんだし

とか

大人気ないからいうのやめよう

とか

そういう感じで一人で

終了マークを心に勝手に押していました。

 

しかしそれをやってみてわかったことは

 

実は全く反対で、どれだけ自分が理解されたいと願っているか

こんなどうしようもないことで悩んでる小さい自分を

わかってもらいたいと思っているのか

という事でした。

 

それはまたしても

 

相手との異なる様々なペースの違いの問題でした。

でも今回の相手にはどうしても理解してもらいたいと言う気持ちが珍しく沸きました。

なので思い切って

私には私の考えもペースもある。

たとえ叶わなくてもいいから話したいのだ。

とお願いしてみたんです。

 

結果、ちょっとの時間だったのですが

こちらの本気が伝わって、

誤解していたことも発覚したり、

また普段とは違う話をメインに真剣にしたことで、

私の考え方全体のようなものも

わかっていただけて

とっても私はスッキリしたし、相手も、こちらの本音が

聞けたことでよかったようだし、

何よりも

言わないとわからないこと。が

 

世の中には大人になってからもいっぱいあるな

って気がつけて良かったのです。

 

さらにもっと良かったことは

実は相手は私が何を考え、

何を求めているのかが

 

すごく知りたかったのだということを

教えてくれました。

そう

私は何も素直に

 

要求を言っていなかった自分にようやく気がつきました。

確かに何も要求していませんでした。

要求の前に

モヤモヤと自分一人で勝手に考えを膨らましてマイナスの方向に考えてる自分がいました。

 

きっとなんでも一人でできてしまう私に

何もできないと相手も思っていたかも知れません。。。

 

相手はそこを求めていたと言うのに。

お互いに気を使って相手に気を使わせまいとしてたことが

裏目に出ていたんでしょうね。

 

ペースが合わない以上に

もっとおおきな問題があったんですよ。

 

 

小さなことかもしれない。

でもあなたのその気遣いや察しての行動は相手は望んでないことかも?

もっと明確なわかりやすいストレートな言葉が

必要なのかもしれない。

責めずにきちんと伝えることが

大切かもしれない。

 

言って断られても

自分はそう言う風に考える人だと言うことは伝わるわけです。

それで相手が嫌おうと好こうと、

相手の自由は奪わないしいいんです。

 

面倒臭そうなことには首を突っ込みたくない人なら

聞いてもくれないでしょうが、

大事に考えてる間柄ならきっと

聞いてくれると思います。

 

きっとこう言うこと怖くてできずにいる人がいるんだろうなと感じまして

今日はブログに書きました。

私は最終的には相手を信用して言いました。

 

答えはそれだけです。

いつもはこんな独特なペースの私を理解してなどなかなかくれないと思う私でも、

信じて伝えてみようって思えたのですね。

 

 

時間が足りないなあと思っていたら神様が気を回してくれて(笑)

 

途中の行きの電車の同じ車両に乗せてくれました。

時間が伸びた上、待ち合わせよりも10分早く行こうと言う意識も同じことがわかって嬉しくなりました。

こんな小さなことだけどほっこりして話が進みました。

 

こんなこと言って、くだらないな、なんてきっと思われないから大丈夫。

もし思われて嫌われても、あなたの本音を受け止められないような人なら

そこで知れてラッキーだと言うくらい思っちゃいましょう。

 

小さなことでも気にしてしまう自分も自分だから

それを理解してくれる人がいいですね。

 

そういう優しい人といたほうがいいから。

 

 

💕今日のマチャコのチャレンジ💕

思い切って小さな自分のわがままとも言える行動や考えを

話してみたところきちんと受け入れてもらえる。

またそう言う行動を自らしたことで

相手が自分に求めていることも理解できるようになった。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。