グループレッスンでダンスを上達させる方法! その1

グループレッスンでダンスが上達する方法 その1

グループダンスレッスンをもうかれこれ、28年間、どこかしらで
体験してきた私ですが、今まで見てきて、どうしたらダンスが上手くなるのか
、どうやったら先生の言いたいことが身につくのか、を
考え抜いて、実行してきました。

わたしはいままで、
ジャズダンス、ヒップホップダンス、モダン、アフリカンダンス、
バレエ、などを、日本のカルチャースクール、日本のダンススタジオ、
ニューヨークブロードウェイのいくつかのスタジオなどで、

キューバンダンス全般を、日本の先生に、現地キューバで、個人レッスンで。

フラメンコを日本の先生に、スペインのセビージャ、ヘレスで、グループや個人レッスンで。

できるできないに関わらず。
とにかく受けまくってきました。
色々なクラスを見たおかげか、
どんな大人数であったとしても
学び取ろうと言う姿勢が出来上がりました。

まず人数が多いクラスで、どのように上達できるかですが、
ダンスも歌もやっぱり個人レッスンに敵うレッスンは基本ないと思うんです。

それでも、
「歌よりは、ダンスの方が、グループでやっていて、
まだ、進むことはできます」

理由は明らかですが、
声は混ざるからですね。
自分の声や、正しい音があっても
大人数だとそれが消えてしまうからです。

ダンスもフラメンコやタップダンスのように足音を出す系になると
途端に音が混じるため、進度は下がると思いますが
(ここで根性出してそれでも上がれる方法はありますが)

ダンスの場合は、足音さえ混じらなければ、鏡さえチェックできれば
鏡がなくても先生がよく見えれば、
自分さえ気をつけていれば、
指導を学び取る率が上がります。

私が思う方法は、
とにかくまずは以下のポイントを押さえていきます。

1)毎週、とか月一回でもいいんですが
ある程度定期的な場合。
「なんとなく習慣だからレッスンに行く」という考え方を変える。
今日はここを必ず克服するんだ、と
しっかりと「決めて」行きます。

2)なるべく先生のそば、あるいはほかによく踊れるメンバーのそばを離れない。

3)イントラの発する一句、行う一動を絶対に見逃さない。

4)見本を見せられて、すぐには、軽々しくやらない!

5)帰宅後、翌日のその時間までに必ず自分なりの復習をする。

6)他人への注意は全て自分の注意とおもい、振り返る。

7)質問を積極的に投げかける

8)納得できないまま帰らない

9)少しでもよくできたら自分を褒める

10)何度も間違える所は、そこだけやらず、
その前後を必ず繋げて踊る

この10個まで、あげて見ました!

皆さんはいくつ当てはまっていましたか?
人それぞれかとはおもいますが、どれも大切な点だと思うため、
シェアしました。

明日はこの中から順番に説明して行きたいと思います。

是非楽しみにいてくださいね。

キューバンダンスレッスン MACHAKO CLASS はこちらです。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA