愛も仕事も育てるしかないし続けるしかない。ファドも歌うしかない。

こんにちは、

結局は愛も仕事も長くかかわって育てる以外ないのだなと思えてなりません。

自分もできているのかいないのか、、だけど「続いているものは本当だ」と感じながら生きています。

大事にしたいものには、何かしらのとっかかりで知ったとしても

あとあと確実に大きくリスペクトが生まれて、

自分から大切にしながら育てるはずです。

育てるには「気持ちが本当に大切」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人はいつどうなるかなんてわからないから

本当に今目の前にあるものを愛して育てて

今目の前にある仕事を思い切り精いっぱいにやる

 

それ以外、ほかにないんですよね。ほかにありますか?

 

今まで生きてきた中で

得られなかった苦しみや悲しみやくやしさも

いっぱいいっぱい体と心で自分が感じてきたからこそ

今、ここにあるもの

いてくれる人

存在に、感謝ができる。

 

今あるものは

自分が育ててきたからこその

宝物です。

自分で作り上げてきたのですよ。

 

私はそれを

声で、歌っています。

あなたにもきっとあるはずです。

 

私のファドは

それだけから出来上がっています。

 

普段は明るいね。楽しいね。チャレンジャーだね。

と言われてもちろんその通りの生き方をしています。

 

けれどそれだけだったらファドを歌う必要なんてないんですよ。

 

苦しくて辛くて悲しくて

本当に身を引きちぎられる思いを長年感じて生きていました。

けれどその隣にファドがいてくれたから今私は生きています。

わたしに寄り添い、歌の本質をゆっくりと伝えてくれたものがファドです。

 

そして今、私には育ててきた愛や、仕事が支えてくれているんです。

 

そしてこの大切なことをずうっとファドで伝えたいのです。

 

言葉でも言えないことがあります。

それはファドの持つサウダーデが伝えてくれるからです。

感謝を込めていつも常に一声を出しています。

 

MACHAKO(マチャコ)のファド活動はこちら

https://www.machakocanta.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。