自分を大事にするということを考える

ここ数日で私が一番衝撃を受けたことはこの方のこの記事です。

このはなさくやさんのブログ

https://ameblo.jp/abundantia9/entry-12464078619.html

 

この記事読んで、ドキッとしない人なんているのかな。

もしいるとしたら、

相当自分に自信があるんだろうなあ。

 

わたしなんて、本当に胃が痛くなるくらいの

きっついボディブロー一発だったですよ。

 

「決断しないことによる大きな消失」

それは自分自身の問題。相手でも環境でもなんでもない。

 

だから決断してさっさと動くと運命は変えられる。

 

もちろん、タイミングっていうものもある。

でも待っていてもそれはわかりやすくは、こないからね。

 

待ってる間は自分を実は甘やかしているということなんです。

そのままでいたらいい。

だって今の自分のまんまは結局楽だもの。

 

そう、変わらないって楽な現状維持のことを言うのですもの。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分自身がなにをやってきたのか、

時々振り返るとわかりますよね。

 

どれだけ自分が

 

自分を大切にしてこなかったのか。

 

うん。答えはそれ。

 

自分が自分を大切にできないから今この納得できない状態っていうものがあるんですよ。

 

間違いない事実ですよこれ。

 

自分を認めて大事にすることができる人は、

こんなことで悩まない。

 

自分の責任を自分でとれること、

人に依存しないこと、

 

今まで人生において、決断が速いときは失敗しても後悔はない。

いつまでもグダグダと悩んだり先に進まない状態ばかりを続けると

どんどん自分の意志力がなくなっていくね。

意志力がなくなって自分を自分で決められなくなるということは

本当は、ものすごく自分を大事にしていないのだ。

 

だって変わっていく、新しい人生や展開を自分に与えるほうがずうっと大事にしているという意味なのだよ。

 

こんなにも気付くのが遅れてしまったけど。

 

私には歌やダンスがあったからここまで生きてこれた。

 

何回も、「もう駄目だ」「もうきっとだめだ、、」とおもったことがあります。

 

でもそういう時は歌ったんですね。踊ったんですね。

歌って踊って消化したんですね。

そうやってこれたけど、それはもうおしまい。

卒業する!

これからは歌に踊りにすべてを預けません。

きちんと自分自身で、自分のことに決着つけていくし、

決断するし、先に進む、

そうしないと

大事な大事な歌や踊りに負担がでるからね。

 

私は私のため、そして愛する歌や踊りのために

自分を変えていく。

決意はそこからはじまる。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。