夏川りみさんのスローモーションでわかること。

 

この素晴らしい声の方は、

こういったポップスであっても真っ直ぐにストレートに表現出来る。

とても気持ちが良いですね。

本当に心から歌が好きって言うことが伝わりますね。

そして私は、

きっと中森明菜さんが、涙そうそうを歌っても新しくて美しいとも思えます。

思えませんか?イメージはあります。雰囲気や性格が出てしまう歌の表現からすると似合います。

しかし、伸びやかな艶やかな声では現在ないので、

若い頃の明菜さんかな。

 

りみさんがこのスローモーションを歌うのと比べたら

表現しきれるでしょうか?

 

やっぱり声そのものの強さやストレートボイスが持つ力は可能性が広がります。

何歳になっても、この人なら歌えると言うことです。

この予感を感じさせることが声の魅力です。

そして、夏川さんはアニメソングを朗々と歌ってもきっと素敵なはずです。

 

やっぱり会う、合わないが声と歌との相性にはあるのですから

自然と自分の好きな歌の表現に近づくと言うことはあっても

声の色合いは変わりません。

沖縄民謡をビブラート満載で裏声では歌わないでしょう?

鼻声では似合わないですから。

 

民謡、ポップスではこうやって言葉そのものの

はっきりした発声で歌うことが大事です。

 

息が漏れるような声は、曲によりますし、

やっぱりストレートボイスの底辺がないと

自分らしさが出ません。

ファドも基本がそうです。

 

意思のある声、

音程は、そのあとでもいいから

意思を持った強い底辺を支える声が大切ですね。

 

ではどうしたらそうなるの?

言葉、歌詞、そのものを丁寧に発音して前に出す。

 

たとえマイクを使用しても、そこがないと声には力がないように聞こえます。

力があれば、小声でもはっきりと拾います。

 

そんなことをレッスンでは体感できるようにしていますよ。

裏声がメインの方は、1時間で違う感覚を取り戻していけるはずです。

 

好きな曲を真正面からストレートボイスで歌えたら気持ちいいです。

 

今悩んでいる方に背中を押して励ましたい私です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。