河内音頭と昭和歌謡の夜vol.2

 

5月12日、母の日に日暮里サルーさんにて、

ステキなコラボイベント「河内音頭と昭和協の夜」VOL.2を行いました。

今回で2回目のイベントですが、

なんと、新世界のメンバーが加わったゴージャズな河内音頭バンドになってしまった!

山田庄子先生の河内音頭のマンボレッスンも楽しく。

まったく初めての方々が楽しそうにご参加!!

お着物姿でいつもきまっています!

今回はマチャコも、河内音頭のステップに

初めて、真面目に?参加!

歌はお稽古受けていますが、

実はちゃんとステップ指導うけるのは初めて!!!

 

う==ん12拍子らしいのですが、

まさかのフラメンコと一緒???

 

今回わたしは一平師匠の王将を、

セリフ入りで、小春と、三吉になりきって!

初めて20分くらいとりました。

 

初めてのチャレンジだったので、緊張するかなと

思ったのですが、みなさん楽しそうに踊っているのをみていたら

リラックスして歌いきれましたよ!ありがとうござます。

新世界の昭和歌謡ステージは

お客様もノリノリで大合唱でダンス大会!

沢田研二、山本リンダ、和田アキ子、松崎しげる、石川さゆり、レベッカなどなど

懐かしの昭和ソングを演奏します。

 

最後はボラーレをみんなで大合唱!!!

サルーのスタッフのお嬢さんたちも、

一緒になって、「あの頃は」「はっ」など叫び。

さらに「どうにもとまらない」にも参加。

 

おとなも子供も一体なれる昭和歌謡ってすごいね~~~。

ライブ終了後もみなさんでお話したり、踊ったりと楽しみました!!

 

そして帰りはおなじみ

馬賊にて、ラーメンタイム。

 

新世界、ここが好きすぎる!!!!

ちゃんぽんめん

いただきました!!

 

今日も一日ありがとうございました。

 

次回は7月14日(日曜日)を予定しております。

日暮里サルーさんにて

18時半オープンでお待ちしています。

 

ぜひぜひ、お気軽に遊びに来てね!!!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。