八神純子さん 61歳、この歌声を聴いてみてください。

裏声ではない、魂の声。間違いのないナンバーワン。

61歳になってもなお、若いころのキーから変えずにここまで

歌えるのには訳があると思いませんか?

 

彼女の若いころの声と比べても、まったく衰えを感じませんし、

むしろ年を重ねて円熟味が出て、色っぽさも加わり、

なんとも素敵。

ちなみにこの水色の雨は、ハイトーンが上のファです!

驚きを隠せませんよね。

「あ~~~~~~水色の」の

あ~~~~がすでに

ラですからね(笑)

 

下手をしたらこのしょっぱなから裏声じゃないと歌えない

方のほうがこのお年では多い気がしますね。

(八神さんがファド歌手だったらすごいことになります!)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

体全部から声を出しているのを感じませんか?

 

ここまでのテクニックとは、いかずとも

この八神さんを目指して61歳を迎えるために

今から自分の声を決してあきらめずにいることが

一番大切です。

 

裏声で歌うのをやめませんか?

頭声発声で癖になってしまった自分の歌。

それを

 

もっともっと

 

自分らしく変えて、歌いませんか?

 

私のオハコsongボーカルでは、

このような悩みを抱えた方が、

スペイン語のまっすぐな発声、

ポルトガル語の腹式呼吸たっぷりの発音、

そして私たちの日本語こそを

 

まっすぐに

きれいに

ストレートにぶつける

 

ストレートボイスに蘇らせて歌っています!

 

「合唱をしすぎて、裏声が治らない」

「普段の声から自分らしくしたい」

色々な悩みがあると思いますが、まずは体験レッスンにお越しくださいね。

 

一回ですっきりした方々がたくさんお越しになっています!

私が歌っているファドは完全ストレートボイス発声法です。

一時間一緒にいてくだされば

体から伝わる振動や、一緒にいる空気からもそれが

わかるはずです。

 

お気軽にお問合せをお待ちしています。

オハコsongの詳しい内容はこちらです。

 http://asaimasako.com/post_lp/ohakosong/ ‎

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA