12/9日曜 オハコsong ボーカル発表会 イベント報告その3 ダンス発表の巻

オハコsong ボーカル発表会の続きです。

無事に生徒6名の歌の発表が終わり、すでにイベント開始の食事タイムから2時間以上が経過している中、

ダンスの発表を2つ行いました。

流石に歌三昧の2時間の後だったので、ダンスの発表は、お客様にとっても新鮮に映ったようです!

 

まずはじめに、わたしの所属している島崎リノクラスの仲間と、ご友人の3人での

セビジャーナス。

華やかな衣装で、カスタネットも鳴り響き、ステキな3人組でした!

 

わたしはカンテで参加。セビジャーナスは、アンダルシアのセビージャで踊られてる村祭りの踊りです。

4月のセビジャーナス祭りでは、夜中通して何日も踊り続けるという、体力勝負?でもある踊り。

4番まであり、なかなか難しい一曲です。

無事に踊り終わってのパチリ。

 

引き続いては、サルサ下北沢クラスの生徒さんによる、小物打楽器とルエダ(男女のペアが何組かで踊る

円になるサルサ)

赤と青のTシャツを揃えました!

 

このメンバーではいつかルエダを披露したいと思っていましたので、

とっても嬉しいパフォーマンスになりました。

このメンバーもいい顔していますね❤️❤️❤️

 

来年からは小物打楽器とルエダのパフォーマンスでもっと色々に出て行きたい気持ちです。

 

フラメンコとサルサのパフォーマンスで温まった会場に、

引き続いて、ラテン昭和歌謡ユニット 新世界のライブが登場しまーす。

 

続く

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。