今よりもいい歌が歌いたいと思うのならば。

まず考えていくといいかなと思うのは

「今よりも、いい声を手に入れること」が一番大事なことです。

実際は、それ以外のことは

「後からでもよい」のかもしれませんね。

それほどに、今よりもいい声になるということは

自分にとっては、歌への揺るぎない自信がつきます。

テクニックとしては

「最初にいい声をもつ」(そこに向かう努力が一番大事ですが)

ことで、今よりも必ずいい歌が歌えますからね。

 

でも

「感情の面」「表現の面」では、また違うことがありますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いい声になったから歌う能力が上がる、、、

のとはまた別で、

感情、表現というものに関しては、

私なりに今まで歌を追求してきて

「数多くの体験で数多くの感情を感じ取ることができた経験」が

歌に一番影響がよく出ると思っています。

また

「体験していなくてもその感情にイメージを重ねる能力が高いこと」

かもしれません。

 

そしてこれは

歌が好き

とか

この音楽が好き

 

ということとは、もしかして

そこまでリンクしないかもなあ、、、と感じることが今は、多いです。

例えば、

「この音楽に尊敬を持っている。」というようなこととも違います。

もちろん、持っている方が断然いいのだと思いますけど

そこに「感情表現が上手い人」が来たら

そちらの方がいい歌が歌えると思うからです。

 

「歌が好き」と

「その音楽への尊敬」と

「歌における感情を表現することが好き」というのは、

本当に

まったく違う気がしているんです。

 

なぜなら感情を表現するという作業までいくとなると、

どうしてもこうしても

 

悩みが出てきます。

悩まずにできるとするならば

「悩む」という感覚がその方は、薄いのかもしれません。

深く考えていけないのかもしらません。

好きだからといって

「悩むこともすぐに受け入れられる人」はそうそういないのを

今、教えるようになって、わたしは感じています。

 

歌が好きでいるために、悩むことはしたくない

ということですね。

 

けれど

そこで

ただ好きで終わるか、

そこから悩むかで

 

実際は歌のうまさや表現に大きな違いが出てきているのも感じます。

 

しかし感情を教えることは、正直難しすぎます。

こうやったらいいなんて答えは、決してないですね。

 

しかし

 

逃げないで

感情の深みを探る。

自分を探り続けることを重ねると

 

自分のいいところも悪いところも全部、最後は受け止めないとならない。

まるごと自分ってもので隠さず歌わないとならない。

 

強くなる必要などは、なく

そのまま受け止めないとその感情は声に乗せられないし引き出せない。

 

それはとてつもなく、

自分に対面するので辛い部分もあります。

 

ところが、そこまでやれたとき

 

ぱ~~~~~~っと目の前が開いたような

自分の心が外側に向けて見せられた感じがします。

 

歌うことは自分をさらけ出すことです。

 

楽しい、うれしい、悲しい、つらい、

怒っている、困っている、泣いている、

欲している、愛している、嫌っている

嫉妬している、裏切っている、絶望している、

色々な感情の山が歌。

そうやって

 

出てくる感情をとにかく感じまくる。

だから声に歌の歌詞にその感情が

 

新たに宿る。

自分の歌になってくる。

 

今よりもいい歌が歌いたいと思うのならば

とにかくまずは

自分に向き合ってみることですね。

それをいい声に乗せる。

 

歌だけではないです。

生きるときに自分の弱さから逃げていては

声にもそれが出てしまいますね。

弱ささえ歌に生きるんです。

なので

強くなる必要はありません、

ただ、

向き合うそこから逃げることは、歌の上達を妨げていくことになります。

 

自分から自分を開いて

ぱーーっと前方を見渡せるようになれたら

声もきっと

 

きっと

ぱあ~~~っとひろがって

ぐんと伸びて

 

今よりずうっと良くなりますよ!

 

声をよくするっていうことは

私のレッスンでは自分を開くということと同じです。

 

一緒に力を抜いて楽しく頑張っていきませんか?

 

マチャコのオハコsongボーカルレッスンでは

現在個人レッスン生、また多くのグループレッスン生を

募集しております♪

お気軽にまずは一度体験してみませんか?

マチャコのオハコsongボーカルレッスン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。