不要な裏声 不要な低音キー曲 ~意志力によって強くなる声~

オハコsongレッスンの生徒さんといろいろ話していると

ボイストレーニングや発声方法も、いろいろな楽曲の専門によって

全然違うことを教えていることに気づかされます。

 

うちのクラスに入ってきた方の中で悩みが多いのが

「以前のクラスでは、地声対応ができる範囲でキーが決められていたので、全部の曲が低いキーでした」というもの。

で、聞いてみるとどれもこれも本当に低~~~~い!

低すぎる~~~(ちょっと怖い)

 

歌っていうのはやっぱりずうっとキンキン高い声の歌を聴くのも疲れますが、ずうっと低く唸るような歌い方も聴けないもの。

聞かされるお客さんはどういってますか?と聞くと

「みんなからどの曲も低いと言われて困っています。」

いや===私からすればですが、

「お客様からそう言われてしまうということ」のほうが

問題です!!!

低音の曲こそ、無理に声を低く出すというのではなく

軽く!そして腹式で出すことで、その響きから深みが出て納得する美しい歌唱と変化しますが、

 

うなったりがなったり無理して出すと、低音は美しく

声がメロディーに乗りません。。。

しかし、どうしても高い声が突然裏声に変わるようだと、

違和感を感じるため、以前のお教室の先生は、仕方なくキー設定を低くしたんでしょう・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところが、アマチュアであっても曲を続けて歌う場合、

 

バランスよくいろいろなタイプの楽曲を、

バランスよく聞く耳の立場になって

キー設定して、自分も歌えるように合わせて

考えていくことができないと、どんどんと、その考え方まで

範囲が狭まってしまうのですよね。

「わたしは声量がない、音の範囲が狭い、だからしょうがないんだ」という感じに頭が思っちゃう。

 

でもね、大丈夫ですよ?

オハコsongでは

おすすめしている発声方法がありまして、

昨日は生徒さんにはその発声方法を試していただきました。

 

それは

不要な裏声を使わないファドの歌唱法。

 

この音がきたら完全にここから先の高音は全部頭声発声。

 

という歌唱法(というか思い込みですが)からのあらたな脱出です。

 

文字にすると、こういうことですが、

これを体感すると、声が本当に強く意志力をもって美しく変わります。

今やっている裏声で安心をしない方法です。

昨日の生徒さんも「頭声発声、裏声から」この方法で、

高音を今鍛えています。

 

だって、そのうたいかたでは

大事なことが伝わらないからです。

裏声の綺麗な声だけでは、とてもとても・・・・

 

 

その音、その歌詞。

本当に裏声であなたの言いたいこと、お客様につたわりますか?

音程があっていれば。発音があっていれば

その発声で満足ですか?

 

あなた自身から「変えたい」と強く思うようになるから

声が変わるんです。

私は自然に生徒さんがその考えに向かうように

指導をします。

特にファドのような訴えかける歌、

またラテン(サルサ・ボレロ)のように、スペイン語でがっつりと

歌い上げる歌。この歌唱法でないと、前に前に押していけません。上に抜くのでは、つたわらない。

 

まっすぐに前に前に声をぶつけて伸ばしてく。

 

私がポルトガルでそうであったように。

ファドを始めるまで39歳まで

のどに声帯結節が通年ありました。

なので、高音は必ず裏声を必須としていましたし、

一オクターブ上のドさえ楽にでませんでした。

ボイトレに行っても先生からは頭声発声を薦められましたし。

医者に行ったなら「そんな弱いのどで歌手なんてやめたら?」って

でも

今は、一オクターブ上のレのシャープまで

私は地声で一発楽勝で出ます。

ファドにはぐまっすぐな声で伝えないとならない思いが溢れていますから。。。

 

 

私はこの10年のファドの歌唱方法で

若い時よりずうっと豊かな音楽の日々を得ています。

 

それは

歌が楽に、のびのびと歌える今、だからなんですよね。

むしろ出すぎて笑

「マチャコさん声を抑えてください」と河内音頭では師匠から言われます。

 

次回はこの私のストレートボイス高音発声に関して書きたいと思います。お楽しみに。

 

マチャコのオハコsongボイストレーニングについては

こちらに詳しく載っています。

大好きな一曲を強く美しい声で歌おう!MACHAKOの「オハコsong」ボーカルレッスン

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。