新春ファドライブのお知らせ 〜ファド歌手10年目を迎えます〜

ファドは悲しみを吹き飛ばす哀歌である。〜新春ファドライブのご案内〜

今年もファド歌手としてのMACHAKOの活動が始まります。
今年で10年目を迎えるライブ活動です。
この10年に本当に色々なことがありました。
ポルトガルのことは何も分からず、ただファドを知りたくてたった一人で
誰も知り合いのいないリスボンに向かったのが2008年10月のこと。

周りからは、反対もありましたし
何考えてるんだと言われたこともあります。

でも、
「私は絶対にリスボンで生演奏で歌ってみせる」
「ひとりの力でやり遂げてみせる」と心に決めていました。
飛行機に乗ってる間中、歌えるファドの曲名とキーを書いた紙。そして

歌いたいです。と一言書いたそのメモを握りしめていました。

一人でバイロアルトや、アルファマを歩き回り、ファドのお店が完全に閉まるまで
一人で残り、終わったあとに、歌わせていただくなどのはじめの一歩の活動から
ギタリストの知り合いを作り、お店と仲良くなって、歌う場所を
2週間で5、6軒作り出して行きました。

そしてファドのことなど何もわからなかった私が
情熱だけで毎日毎夜寝ずに歌い歩き、現場で学び、さまざまなことを
行動力だけで得て行きました。

最終日には拍手喝采を浴びて
驚くことに「私のCDを買いたい」という旅行者までが現れたのです。(笑   実話です)

時には辛いこともありました、落ち込むことも常にありました。

が、それでも必ず、
自分を助けてくれる方が現れて、今まで継続してファドを歌い続けています。

思い返せば、最初のチャレンジを起こした
2008年は、ファド以上に私の身にはプライベートで
色々なことが起きていました。

人生で初めて、辛く諦めなければならない現実にも向き合い
実は毎日、泣いてばかりいました。
でもそんな時も、
ファドは、私のそばにいてくれましたし
歌っている時はとても幸せを感じられました。

ファドは悲しく辛い歌という日本人の思い込みがありますが
私はそう思ったことが一度もありません。

なぜなら

私にとってファドは
辛く悲しい涙で暮らした私の日々を救ってくれた
唯一の素晴らしいパワーのある哀愁歌だからです。

そして素晴らしい出会いや別れを含め、人間の底辺の感情のようなものを
10年でたくさん味わわせてくれた運命の音楽とも言えます。

2009年には、ブラジルのサンバやスペインのフラメンコにも出会い始め、
今では、そこで出会った方々と不思議な縁で結ばれて、
その全ての人々が、ファドに「生きて繋がって」おります。

2008年以降、苦しみ抜いた出来事も(実際にはその7年前からずうっと17年間悩み続けて来たこと)

2017年に、歯を失う大きな事故の直後に、その怪我の復活(歯は失った後に元に戻りました)
とともに一気に好転、
癒される方向に向かいました。

2018年には、その歯を失った日から一年後同じ日。
ポルトガルで大きな奇跡が起きました。

そして今では、その時の悩みが

なくなりました。

今の私はこの10年で生まれ変わったマチャコになったのだと
この2019年のお正月に、感じてこれを買いています。

ただし、生まれ変わったとはいえ、今までのことを決して忘れてはいません。
私がなぜファドに出会ったのか、それは人生で初めて一番辛い時期を
味わっていたから出会ったのです。

その痛みが私の歌には生きています。
だからこそ、ファドを歌う時は、
喜びに満ち溢れる自分なのです。

今年はこの10年を振り返り、
ライブを確実に進めていく予定です。

ぜひ、魂の叫びを味わいにいらしてくださいね。
私のファドライブは一言で言えば

熱いライブです。

パワーに溢れた、何か夜なのに「太陽を浴びるようなイメージ」だと思います。

私の魂には、リスボンで感動したファディスタ
LenitaGentil  レニータジェンティルへの憧れがこの10年ずうっとありました。
(彼女に関しては必ずライブで触れていますが、知りたいかたは私に会いに来てくださいね)

あの声に憧れて必死にポルトガルに通い8度の渡航で得た
自分なりのファドの持つ「ストレートボイス」も得ることができました。

ストレートボイスという言葉は私が生み出した言葉です。

ファドにしかない発声のことです。
それを存分に浴びたからわたしにもこうして生まれた強い強い声です。

ぜひ、新年の幕開け、
この一年を元気一杯に乗り切っていくお手伝いをさせていただきたいです。

どんな気分の時もファドを歌えば
新しい一歩が踏み出せていった私が
伝えたいのは「そこ」です。

ファドは悲しい歌なんじゃない!
そう、
悲しい時もパワー溢れる魂が爆発するような力のある歌なのですから!

〜1月からのファドライブの予定〜
1/19(土曜日)赤坂アンベクアトロ   「三種の弦のファド」
赤坂アンベクアトロ の詳細はこちら

2/5(火曜) 日暮里サルー「マチャコのバースデー キャンドルファドライブ」
2/26(火曜) 赤坂アンベクアトロ  「新しいファドの夜 FADONOVA」
2/5、2/26 のライブ情報はこちらです!

全ての情報はこちらのウェブサイトへ
ポルトガル音楽 ファド歌手 浅井雅子のウェブサイト

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅井雅子の公式メルマガ(MACHAKO)「人生はサウダーデ」

ポルトガル大衆音楽ファドを歌い、南国の熱いキューバダンスを踊る。ラテン界のチャレンジャーMACHAKOこと、浅井雅子の日常をサウダーデいっぱいでお届けいたします。 長年にわたるキューバ・ポルトガル・スペイン滞在中の面白エピソードも満載です。皆様、是非ともこのメルマガでパワーチャージしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

asaimasako

MACHAKO(浅井雅子)です。ポルトガルの大衆音楽ファド(FADO)を歌っています。 行動力と溢れ出るパワーで生きています。フラメンコ・サンバ・サルサも大好きです。ギターとパーカッション命。好奇心いっぱいに生きてます。